青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 01月 19日

大江戸骨董市(1/18)

昨日(18日)は大江戸骨董市に出店。

有楽町の駅に着くと雨がぱらついていて、「あらら……ウッソー」という気分。
少なくとも午後までは降らないと思っていたのに。
会場に向かうと、様子見をしているのか設営している業者さんが少ない。
でも、中止というわけでもなさそうなので、所定の場所までズンズン歩いていく。

ひとつひとつ「手頃な値段で何か取り柄のあるもの(「使える」「かわいい」
「味がある」「姿がいい」等々)」を選んできているつもりだけれど、
こうやって見るとなんだか無難でおもしろみが足りない気がして、
もっともっと足を使いアンテナを張って仕入れをしなければと痛感。

朝イチで、駒込のイベントでお会いした方や知り合いの業者さんが、
細々したものを買ってくださった。

f0151592_1933315.jpg




セール品の印判七寸皿の隣りに置いてあるポストカードは、
いつもお世話になっているみずたま雑貨店さんとイラストレーターの方との2人展のDM。
2/7(土)〜2/15(日)、西荻の「ギャラリーみずのそら」で開催。

次いで青い琺瑯弁当箱瀬戸鉄釉盃など、
ブログから御予約やお問い合わせをいただいた品が動く。
この日は、こういった“店頭” に並べていない品々の売り上げが中核となった。

実際に御覧になってお気に召さない場合はそのままその品を “店” に並べますので、
「持ってきてもらったのに買わないと悪いから……」などとお考えにならず、
どうぞお気軽にリクエストをお寄せください
(コメントやメールをいただいた順が優先順位となります)。

f0151592_19334777.jpg

国際フォーラム前は地面が石張りなので真冬は底冷えがするのだけど、
いつものように「ペネロープ号」に腰掛けずに、
足の裏にカイロを貼り、
フリース毛布の上でおばあちゃんのようにちんまりと正座していたので、
さほど寒さを感じなかった(風がなかったのが幸いだった)。

白い陶器のボウルは、このT.G.Green他のプディング・ボウル。
これは明日にでも改めて御紹介予定。

カラフルな紙をはさんだズボン・ハンガーは、金具が普通のハンガーと違うところ、
乾いた白っぽい木味がよいのではと思ったけれど、この日は動かず。

一方で、前回全く売れず、ガラス不人気を思い知らされた
“ユラユラ” ガラスの六角猪口が3個売れた。
今の自分にとっての精一杯の “ガーリー・アイテム”(?)、
古いアイルランドのヘンプ(麻)糸もよく動いた。

f0151592_19335994.jpg

黒革の薄い書類入れのようなカバンは、
「ショルダーをつけてバッグにできれば……」と悩んでいた方がいたが、結局売れず。
本体が傷んで使えない古いバッグのショルダー部分を流用したら、
昔持っていたヘルムート・ラングのバッグよりカッコよくなりそうな気も……。

その後、ミノルタレポ・ブラックを御予約された方が見えて、
目測ピント合わせを心配しながらも果敢に(?)買っていかれた。
基本的に美しくカッコいい道具は手に取るのも愉しいはず。
早く慣れて、撮ることが愉しくなりますよう祈ってますよ、Bさん!

この日の売り上げは自己目標ラインを越え、まずまずだった。
とはいえ、不景気感はひしひしと感じられ、
このブログをやっていなかったら散々だっただろう。

片付けのとき、斜め後ろにいた初心者らしい業者さんから、
「(手持ちなのに)あんなにたくさん品物が出てきてビックリしました」と言われる。
確かにいつも “手持ち出店の限界に挑戦” している感じ。
なんともカッコ悪いけれど、経費=リスクを負わないから細々と続けることができる。
細々とでも続けていさえすれば、それだけ学習することができる
(それにしても、早く永福町の駅にエレベーターができないかなぁ……)。

夜になって雨。
朝、コンビニでビニールのレインコートを買って備えてはいたけれど、
昼間降られなくてホントによかったとしみじみ。

お腹をすかせて帰宅したが、ZOOがまだ夕飯はいいと言うので、
ぶどうパンを食べてヤマコと仮眠。
夜中に起きて鍋をつつきながら、
ZOOの「今度から『この店の売り上げは恵まれない家庭のために役立てられています』
って書いとけば?」という自虐ギャグに笑った。

御来店・お買い上げくださった皆様、まことにありがとうございました。
また、いつもこのブログを御覧いただいている皆様、本当にありがとうございます。

「あまり好きじゃないけど売れそうだから」仕入れるのではなく、
自分の「好きなもの」をいつも自分自身に問いかけながら、
その領域を少しづつ多方面に広げていければと思っております。

また来月も皆様のお越しをお待ちしております。

by penelope33 | 2009-01-19 19:50 | 大江戸骨董市 | Comments(4)
Commented by nagchanpa at 2009-01-19 23:37 x
お疲れ様です。そしてありがとうございます。
peneさんの言葉よく分かります。ついつい売れそうな物に走ってしまう
自分に嫌気が差すことが度々あります。
そういうのはモノに対して失礼なのですよね。
気に入った物を仕入れて、それを気に入ってくれるお客様の手に渡る。
シンプルなんですけどね。。これが難しいです。
次はいつ行けるか分かりませんけど、また良いモノを仕入れてくださいね。
Commented by penelope33 at 2009-01-20 00:15
nagchanpaさん、遠方よりお運びいただき、
こちらこそありがとうございました。

あんまり吟味してもモノが買えなくなってしまいますし、
仕入れってホントに難しいですね。
でも、その「シンプルな基本」がこの仕事の醍醐味ですよね。

露店を続ければ続けるほど、実店舗を経営されている方の
御苦労が身にしみてわかるような気がします。
nagchanpaさんのお店が御繁盛されますよう、お祈りしております!
Commented by au_petit_bonheur at 2009-01-20 08:55
あの医療用の”くすんだ”ふたのガラス、無くなったんですね。
探せばあるのかも知れないけど、今は持っていないです。
私、どうもあの色に弱いらしいです、
精一杯の “ガーリー・アイテム”(笑)
限界に挑戦して、レースはいかが?(冗談ですよ)
ペネさんの筋の通った物選びに共感する方が多いから
この不況下でも目標達成なんですね。すごい。
それにしても、ご主人の発言、いつも面白いです。
Commented by penelope33 at 2009-01-20 13:54
“くすんだ蓋のガラス壜”、ありますよ〜。

レースの良し悪しはよくわからないので……。
でも布ものは「いいな」というものがあれば扱ってみたいですね。

目標達成といっても、「最低目標」ですから。
もう少し頑張らないと「めぐまれない家庭」の助けになりません(笑)。


<< イギリスのプディングボウル      大江戸骨董市出店のお知らせ >>