青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 01月 23日

今夜の晩酌セット

水割りはあまり好きではないしストレートでは強すぎるから、
今までウィスキーはほとんどのまなかった。
でも最近「ホット・ウィスキー」(お湯割り)が気に入っている。
香りがよくて温まる。

肴はスモークサーモンとお昼の残りのゆで野菜、
それとひさしぶりのギンナン。

オーヴァル皿はフランスのサルグミンヌ窯末期(1970年代)のもの。
古色はないけれどポッテリと厚手でかわいいサイズ。

コースターは日本、フォークはオランダ、ともにシルバープレート(銀メッキ)。

f0151592_0164629.jpg


by penelope33 | 2009-01-23 23:56 | つれづれ | Comments(2)
Commented by そこらのおばちゃん at 2009-01-24 19:03 x
なっ、なんて可愛いオーバル皿でしょう!
白いお皿は一度に多色を受け入れてくれるので、便利ですね。

何十年も前の思いでですが、私の父も冬になるとホットウヰスキーでした。
喫茶店でホットミルクを頼むと出てくる、ステンのホルダーの付いた長いグラスで。
丁字の実をひとつ浮かせるのですが、それは私の役目でした。。。
こんなしんしんと寒い夜には良いですね。

それにしても可愛いお皿ですことっ♪(しつこい?)
Commented by penelope33 at 2009-01-24 23:33
サーモンだけだと染付のお皿を使ったりもしますが、
おっしゃる通り、食材の色が多彩になるほど
白いお皿というのは威力を発揮しますね。
長年小さなステンレスのオーヴァル皿を1枚持っていただけだったのですが、
小さな食器棚の中に最近この白いお皿が加わりました。

ホットウヰスキーに丁字=クローブの実……。
粋でおしゃれなお父様ですね。 ^^


<< 白磁の薬匙      中国のキッチュなキャビネット >>