2009年 01月 25日

白磁の薬匙

シャーレや薬瓶など、実験・医療グッズが入ったダンボール箱から
今朝 “発掘” した白い匙。
「TEA」「DESSERT」「TABLE」という文字と目盛りは、
それぞれのスプーンの標準容量を示しているのだろう。

小さなバスタブのような形がなんともおもしろい。

ヒビやカケはないけれど、少々汚れがあるのが残念。
もう少し落とせないかやってみるつもり。

(幅:約10.2cm・高さ:約4.1cm/売約済)

f0151592_2015367.jpg




『別冊 太陽 骨董をたのしむ 44 /白磁 〜愛でる・使う・遊ぶ〜』というムックが
出版されたのが2002年11月。
“白いやきもの好き” のバイブルのようなこの本
(Amazonをのぞいたら、現時点でなんと50,000円近い値段!)に、
これと似たものが北欧の薬匙として紹介されている。

f0151592_202373.jpg

数年前の骨董ジャンボリーでは、何ccだったかmLだったか、
もう少し文字数の多いイギリス製のものを見かけたが、
10,000円近くしたので購入はあきらめた。

f0151592_2021473.jpg

この匙は、英語圏の国のものなのか、それを模した日本製なのかわからない。
「ティスプーン 1杯分」などという大まかな目盛りは、
シロップ薬などをのむためのものなのだろうか?

f0151592_2022576.jpg

早朝から下町の神社に仕入れに出かけ、昼前に帰宅して撮影をし、
仮眠して夕方起きたら鼻がボワァ〜ンと大変なことになっていた。
寒かったので一瞬風邪かとも思ったが、すぐにアレルギー症状だと気がついた。

私はスギとハウスダストがダメなのだけど、
緑豊かな神社の骨董市で、
どうやらスギ花粉とホコリをふんだんに吸い込んでしまったようだ。

とりあえず今はおさまってよかった……。

by penelope33 | 2009-01-25 20:18 | 古いもの・古びたもの | Comments(6)
Commented by matico at 2009-01-25 22:31 x
なんとも不思議なチュシャ猫を思い出させるような、お匙ですねえ…。
そんな目で見るものだから、紅茶の葉を量ったりできるのかしらと思ったり…。
Commented by penelope33 at 2009-01-25 22:52
私はなんとなく猫脚バスタブを連想しましたが、
そう言われてみれば猫っぽいですねぇ。

私も茶匙に使いたいです。
頑張ってきれいにします!

Commented by びっき at 2009-01-26 19:15 x
どこだったかな…
何かこれ見た事あるんですけど。。。

それとは別なんですが
先日、見かけたフランスの琺瑯の計量カップがこれに似た感じでした。
Commented by penelope33 at 2009-01-26 19:31
もしかして N 薬局とか……?

そのフランスの計量カップというのも見てみたいですね
(お高そうですけど……)。
Commented at 2009-03-06 02:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2009-03-06 02:57
おひさしぶりです!
まだひとつございますよ。2,500円です。
どうぞ御検討くださいませ。


<< ホーローの果て      今夜の晩酌セット >>