青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 02月 17日

大江戸骨董市(2/15)

一昨日(15日)は大江戸骨董市に出店。

永福町からいつもより1本遅い電車に乗ったら、渋谷駅手前のトンネルで一時停止。
「浜田山〜高井戸間の火事で後続電車は運休」とアナウンスがあり、ヒヤリとした。
もう1本遅い電車に乗っていたら遅刻するところだった。

前日はずっと外出していて2月とは思えぬ気温の高さに驚いたので、
15日の予報の「最高気温18度」というところだけ見て、
つい薄着で出かけたのがまずかった。
(いつもは念入りに防寒して「暑かったら脱ぐ」ようにしているのに……)。

重い荷物を持つのに手袋だけはしていたものの、
髪を切った上に帽子もマフラーもなしで、もう寒いのなんの。
出店用のショルダーバッグに入れっぱなしにしておいた、
ちっちゃな使い捨てカイロを腰に突っ込んでしのいだ。

f0151592_040693.jpg




上の画像を撮る前に、“ホーロー仏”白磁薬匙の片割れ、
Petrus Regout のオーヴァル皿の最後の1枚などが売れている。

“民藝” ではなく “民芸品っぽい” 鏡は、
好みではないけれどとにかく処分したくて持ってきた。
トートツに1枚だけ置いてあるフォークロア調のジャケットの
『ハンガリアン舞曲』のレコードは、この鏡と他の品物との “つなぎ” のつもり。
茶・白・青で単調になりがちなディスプレイのアクセントでもある。

f0151592_0401781.jpg

今回、ディスプレイに利用しつつ売ろうと思っていた「国産プリンタートレイ」は、
4段のものと5段のものの2種類。
浅いので小さなモノたちが目立ち、手に取りやすい。
この日は売れなかったけれど、5段のタイプに御予約が入った。

平凡ながら小さなモノの収納に使える
アルミの “ドカ弁サイズ” の弁当箱は今回は売れず。
アイルランド製のヘンプ糸は男女を問わず手に取る人が多い。

小粋なデザインの “昭和レトロ・マッチ”(上の画像・白磁薬匙の左) を
「これ、いいですよね〜」とほめてくださったお客様が、
ずーっと売れ残っていた小さな赤い丸缶(下の画像・ワイヤーかごの中)を
「この値段でいいんですか〜?」と一緒にお買い上げくださったのが、
今月一番のカタルシスだったかもしれない。
こういうのは値段に関係なくうれしい。

f0151592_040289.jpg

絶対持ち帰りたくなかった鏡が売れ、ホッとした後の様子。

ブリキの黒猫は人気者。
売れなくてもいいから招き猫代わりにずっところがしておきたい。

選び抜いたものばかり並べても売れないことが多いから、
だんだん肩の力が抜けてきて、
たまたま安く手に入った “ユルい” 品物も持って来るようになった。
実店舗だったら商品のセレクトにはこだわりたいところだれど、
今は1,000円でも2,000円でも多く売ることを目標にしている。

リクエストをいただいた品々の中から、
木地盆(キャンセル待ちだったYさん、また頑張って仕入れますので……)、
塗盆ヨーグルト瓶ミノルタ・レポなどが売れ、
その上に100円から3,000〜4,000円程度の品々のお買い上げが積み重なって、
自分史上最高の売り上げになった(……といっても大した額じゃあないですよ)。

毎月こんなふうにはいかないだろうが、
月に1度ながら大江戸骨董市への出店を5年近く続け、
ブログを1年以上続けてきたことが、少しづつ実を結んできているような気がする。
牛歩でもしぶとく続けていこう。

f0151592_0404054.jpg

後片付けを終えて「やれやれ」と立ち上がったらカイロがポツンと落ちていた。
午後になって陽がさしてきてホントに助かった。
花粉のせいで目がかゆく、のども痛くなってきたが、
「絶対風邪はひかない!」と自己暗示をかけたせいか(?)、どうやら大丈夫そう。

御来店、お買い上げくださった皆様、まことにありがとうございました。
いつもブログを御覧いただいている皆様、本当にありがとうございます。

また良品・珍品・お値打ち品を探してきます。
気になるお品のリクエストはどうぞお気軽に。
来月も有楽町でお待ちしております。

by penelope33 | 2009-02-17 01:15 | 大江戸骨董市 | Comments(5)
Commented by ぷち at 2009-02-18 23:17 x
日曜日、土曜日に比べてぐっと冷えましたね。
でも、史上最高とは!凄いです。
あの火事、線路脇の琉球ホルモンやさんから出て
(2時ぐらいまで人がいて6時に火事。ネズミのしわざかもとの
噂あり)脇に窓がなかったので類焼はしなかったけど、その分、
線路側と道路側に火が噴き出したそうです。(地元ねたですが)
Commented by penelope33 at 2009-02-18 23:49
あくまでも「自分史上」ですからね(笑)。
吹けば飛ぶよな金額です(これじゃ屋根裏部屋は借りられない…… ^^;)。

詳細な御報告、ありがとうございます!
ホントに御近所だったんですね〜。
Commented at 2009-02-19 09:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2009-02-19 10:56
鍵コメさん、こんにちは。
鍵コメさんのお店、いろいろな人が立ち寄って言葉を交わしていて、
はたから見ていてとても気になるお店でしたよ。
いろいろお話ししたかったのですが、なんだかバタバタしてしまって
お声をかけられず残念でした。

私は出店し始めてだいぶたちますが、
鍵コメさんと同じように単価の安いものが多い手持ち出店ですから、
「私、なんでこんなことやってるんだろう……?」
と思う売り上げのときなんてしょっちゅうありましたよ。
(家族から「いくら売れたの?」って聞かれ、あきれられてましたね〜 ^^;)。
Commented by penelope33 at 2009-02-19 11:15
売り上げがおもわしくなくても、出店し続けることが経験になり、
反省することが次回の売り上げ増につながります。
経費のかからないのが手持ち出店のいいところ。ぜひ続けてください。

御家族にも「『趣味』というのとは違うの。シロウトが修行しているんだから
長い目でみて!」と言いましょう(笑)。

来月もどうぞよろしくお願いします!


<< 早い春      大江戸骨董市出店のお知らせ >>