青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 03月 11日

Wedgewoodの麦芽飲料用ポット

英国・ウェッジウッド社で1930年代に作られた、
キャドバリー(Cadbury)の麦芽飲料
「ボーンヴィータ(Bourn-Vita/現Bournvita)」用の陶器のポット。
英語だとこの温かみのある薄い黄色を「Cane Colour」(「籐」の色)と呼ぶようだ。

以前持っていたWoodsのカップ&ソーサー
(→「ゆとり亭 UK」さんの新しいブログを御参照ください)に合う色だし、
とろみのある麦芽飲料用の大きな注ぎ口が蕎麦湯を入れるのによさそうと思い購入。

でも2人分の蕎麦湯には大きすぎるし、
WoodsのC/Sもこのポットも我が家にはなんとなく合わない。

ネット上で「野崎洋光のだしポット」というのを見て、
一度このポットでじっくりだしを取ったらとてもおいしくできたのだけど、
どうもウチの台所では定位置を見つけられないので手放すことにした。

ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館
Keith Murrayデザインのティーセットと並んで展示されているこのポットを、
「だしポット」として使うなんて私だけかもしれないけれど、
傷ものでお手頃価格なので、気軽な使いかたをいろいろ考えていただければ……
(マジメな西洋アンティーク屋さんが完品を1万数千円で売っているのをときどき見かけます)。

(幅:約19cm・高さ:約20cm/容量:約1L/売約済)

f0151592_2235296.jpg




f0151592_2283834.jpg

アール・デコ的なフォルムは真横から見ると意外と「和」に通じる形。
そうそう、蓋を取るとシンプルな「水差し」に。

f0151592_2284792.jpg

f0151592_22101258.jpg

注ぎ口と底にカケが。
f0151592_2210214.jpg

f0151592_229177.jpg

蓋に小さなアタリとニュウが(表面のみ)。
f0151592_22105570.jpg

f0151592_2211694.jpg

貫入の一部にシミがある(「だし」ではありません)。
f0151592_221046.jpg


by penelope33 | 2009-03-11 22:26 | 古いもの・古びたもの | Comments(4)
Commented by るー at 2009-03-12 20:53 x
いいお色ですねー
まだ寒いような、春のような、いまの時期によく合うお色だと思います。
ところで、ペネさん、体調はよくなられましたか?
まだまだ寒暖の差が激しいですから、あったかくしてくださいね。
Commented by penelope33 at 2009-03-12 23:14
私もこの色好きなんですけどねー、我が家ではうまく生かせませんでした……。

お気遣い、ありがとうございます。
まだハナミズたらしてますが、^^;
のどの痛みはすっかりよくなりました。
体調を整えて日曜日の出店にそなえたいと思います。
Commented by michelle at 2009-03-13 05:50 x
あっ、わたしもWoodsのカップ&ソーサー持ってた。うすみどりの。
まだ実家に置いてあったかな?
Commented by penelope33 at 2009-03-13 09:31
あ、そうなんだ〜!
私はC/Sは売ってしまい、欠けたのを本漆で直そうとして失敗して
処分したボウルを、最近また買い直しました。

ジョン・レノンの子どもの頃住んでいた家(なんとなく『小さな
恋のメロディ』のメロディのウチを想像)のWoodsのセット、
見てみたい気がします ♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 大きな欅の木地盆      緑色の小さな琺瑯やかん >>