2009年 04月 09日

川越〜高円寺「part of life」

昨日は姉とふたりで川越の実家の片付けをした。
母の衣類や使わない食器などを中心に45Lゴミ袋20袋程を処分。

旧家や大金持ちの家ならともかく、ごく一般的な家庭では、
死んだ人間が残した品々のほとんどは、他の者にとってはゴミでしかない。

こういった現実を目の当たりにすると、
100年生きながらえた骨董、
いや、その半分の50年生き残ってきた古道具の強さと重みを改めて考えさせられる。

不要品の山の中で「あ、これはとっておこう」と思うのは、
それなりの値段で買ったであろうコートやスーツなどではなく、
毎夏必ず登場していたペナペナのギンガムチェックの袖なしブラウスだったりする。
他人から見たら雑巾にもならない古着なのだけど。

帰りはひさびさに西武国分寺線に乗って
(大学が沿線にあったのでこのあたりは懐かしい)、
東村山〜国分寺まわりで高円寺に出て、
いつもお世話になっている先輩の古道具店「part of life(パート オブ ライフ)」へ。

f0151592_15162.jpg




ちなみに昼間はこんな感じ(今は鉢物はほとんど置いていませんが)。

女性店主の野田さんは、
ヒトが見逃してしまうような
さりげなくかわいいモノをピックアップする独特なセンスを持った人。

甘すぎず枯れすぎず、
「何々風」とくくれないファニーな魅力がいっぱいのお店なのに、
「ロックと古着の街(?)」=高円寺にポツンとあるせいか、
残念ながらあまり知られていない。

良心的なお値段。
しょっちゅう変わるディスプレイが楽しい。
ラフでかわいいラッピングがうれしい。
古い雑貨好きの方はぜひ一度のぞいてみてください
(ものすごーく気さくな店主さんです)。

一念発起してお店のブログをつくり始めた
野田さんの使っているブログサービスがあまりにもマイナーなので、
居合わせた先輩業者のTさんと一緒に
「今ならまだ大した手間なく変えられる。悪いことは言わないから」と、
エキサイトブログを勧める。

野田の姉さん、一緒に「exblog」でガンバリましょー。


*********************************

【part of life(パート オブ ライフ)】

東京都杉並区高円寺北3−2−12
TEL 03-3336-9296
営業時間 14:00-21:30
土曜定休
JR高円寺駅北口・中通り商店街 徒歩3分 沖縄料理店「抱瓶」の2軒隣り

by penelope33 | 2009-04-09 01:54 | つれづれ | Comments(6)
Commented at 2009-04-09 15:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2009-04-09 15:49
初コメント、ありがとうございます!
Commented by mashumix at 2009-04-09 17:40 x
わーっ、かなり好きな雰囲気。行ってみたいです!!
Commented by penelope33 at 2009-04-09 18:16
ぜひ、ぜひ。 ^^
Commented by るー at 2009-04-09 20:13 x
たぶん他のひとにとってはなんてことはないものでも
身内や近いひとにとっては、そのものと一緒になってる空気とか
時間とかがくっついてるから、残しておきたいんですよね・・・

すてきなお店ですね。いいないいな。
あぁぁ、近くなら。せめて関東圏にすんでいれば。(しつこい。)
Commented by penelope33 at 2009-04-09 21:41
るーさん、御心配をおかけしましたが、
とりあえず目の前の課題に集中しておりますよ……。

古いもの、ネットショップやオークションでも手に入りますが、
やはりお店の雰囲気を味わいながら、
ひとつひとつ手に取ってみたいですよね。


<< 「西荻骨董好きまつり」、こんな...      侠気の木箱 >>