青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 04月 28日

「蛤は竜宮城の夢を見るか?」、再び。

自宅で愛用しているこの印判皿と同じ模様の鉢皿を見つけて驚いた。
こんな柄、一期一会だろうと思っていたら、二度までも。
元の皿の半分以下の値段だったので即買い。

昨日はニラ卵炒め、今日はマグロ漬け丼を盛って撮影しようと思っていたのだけど、はたせず。
またいつか(→出番が少なくなってきたので販売。御売約)。

f0151592_22423684.jpg




f0151592_22425454.jpg

ハデハデ&デカイ。

f0151592_2243667.jpg


なんということのない鉢ですが、
こちらに丹波焼の鉢の追加画像を載せておきました。


*******************************************


26日(日)は、母の四十九日の法要だった(もう7週間……早い)。
所沢郊外の霊園から川越の料亭「美鈴」へ。

今日は「青蓮亭 永福町本店」でお客様をお迎え。

明日29日(祝)は、小金井の古道具屋さん『mild country』
近隣の珈琲店、カレー屋さん、バッグ屋さんが共催する1DAYマーケットにうかがう予定。

by penelope33 | 2009-04-28 22:49 | ウチのもの | Comments(5)
Commented by mashumix at 2009-04-29 10:48 x
素敵!私もハデハデ印判大好きです~
丼ぐらいのサイズなのかな?
トマトの冷たいパスタなんか、盛ってみたいです~
Commented by penelope33 at 2009-04-29 11:31
径21cm・高さ7cmです。
トマトの冷たいパスタ、いいですね〜。
黒い丹波焼とは対照的な「MY 丼」です。 ^^

Commented by 西家庵 at 2009-04-29 14:55 x
蜃気楼、つまり巨大ハマグリの吐息によって形づくられる楼閣という言い伝えに従うなら、
この鉢には、マグロ漬け丼より深川丼が好適なのではないでしょうか(笑)

それにしても、この題名は、やはりフィリップ・K・ディックの例の小説が元ネタなのですか?
Commented by penelope33 at 2009-04-29 21:08
はい、おっしゃる通り、元ネタは例の小説です。 ^^

なるほど、深川丼!実はまだ食したことがないのですよ……。
ボンゴレもいいですね♪
いや、ハマグリを酔っぱらわせて食す「酒蒸し」が一番かもしれません(笑)。
Commented by penelope33 at 2009-04-30 00:33
『史記』天官書の中に、
「蜃(あるいは蛟)が吐き出す吐息によって楼(高い建物)が形づくられる」
とあるのですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/蜃気楼

……いつもながら勉強させていただきました!
名前
URL
削除用パスワード


<< 「I am market」      背伸び >>