青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 05月 15日

今年の夏服

そろそろTシャツのシーズンなので、持っている分を点検、
くたびれたものを掃除用の端切れにして、新たに4枚補充した。

大人買い?
でも今年の新しい夏服はもうこれだけですから〜。

New Order 2枚、The Chemical brothers、 Aphex Twin。
タイポグラフィやロゴマークが好きで買ってしまうのだけど、
この歳でアーティストTシャツ買うヒトもあんまりいないよねぇ。

「オトナの女」への道程は遠い……。


My summer Electro/Techno wardrobe

I like the typograhy and logo mark of these T-shirts.
Just like 18 year old kids.

My mind and wealth haven't grown up enough to wear clothes for ‘mature women'.


f0151592_22332866.jpg




17日の大江戸骨董市、雨になるかとタカをくくってモタモタしていたら、
なんだか降らないような気配になってきてあわてています……。

by penelope33 | 2009-05-15 22:37 | つれづれ | Comments(6)
Commented by 西家庵 at 2009-05-16 08:15 x
懐かしいです、The Chemical Brothers。
当時、Setting Sunの12"シングルを買って、よく聴いたものです。

Tシャツと言えば、観に行けなかったPrimal Screamの91年の来日公演で、
友人にScreamadelicaの例の「まっくろくろすけ」みたいなTシャツを
買って来てもらったのを思い出しました。
確か、公演は、クラブチッタ川崎であったように思います。

この「まっくろくろすけ」はPsychedelic fried eggsと名が付いている
そうですが、描いたPaul Cannell氏は数年前に自らの命を断たれましたね。

今度、引っ張り出して、若者ぶって着てみようかな(笑)
Commented by 骨董品 骨董市ネットギャラリー at 2009-05-16 11:05 x
こんにちは
骨董の趣味も、Tシャツの趣味も、素敵ですね。
デザイン性の高さを感じます。
これからも、色々と参考にさせて頂きます。
ありがとうございます。
Commented by penelope33 at 2009-05-16 13:22
>西家庵さん

Setting Sun、狂躁的なサウンドとノエル兄ちゃんのボーカルがよかったですね。

90年1月にロンドンに行ったとき、ヴァージン航空の飛行機の中で
何回も「Loaded」のビデオが流れていたのですが、
その頃はプライマル・スクリームもアンディ・ウェザオールもアレックス・パターソンも知らなくて。

「まっくろくろすけ」のアルバム、今頃我が家でヘビー・ローテーション中です。
Paul Cannellさんのことは知りませんでしたが、こんなページを見つけました。
http://phinnweb.blogspot.com/2008/08/paul-cannell-1963-2005-and-primal.html

アーティストTシャツ、“ナイス・ミドル(死語?)” が着るのが
なおよろしいのではないでしょうか?(笑)
Commented by penelope33 at 2009-05-16 13:25
> 骨董品 骨董市ネットギャラリーさん

こちらこそありがとうございます!

Commented by muu at 2009-05-16 23:08 x
わたしも夏は着ます。レッチリ、ウィーザー・・・。
Dodgyも着ますが、もうわかる人も殆どいないかも。
Commented by penelope33 at 2009-05-17 00:17
Dodgy、知りませんでした。
ヴォーカルが抜けて自然消滅してしまったとか……。

ラモーンズのドキュメンタリーを観て感動して、
Tシャツ買ったこともあります(彼等のアルバム、1枚も持っていないのに……^^;)。
名前
URL
削除用パスワード


<< 大江戸骨董市中止のお知らせ&永...      鹿の子文に千鳥の印判小皿 >>