青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 05月 25日

小さな平清水焼の片口

口径約11cmの小さな平清水焼の片口。
内容量は八分目で約200ml。

こんな小さなサイズのものにはなかなかお目にかかれない(私は初めて)。
最後の2つの画像に写っている大きなサイズのものと違い、注ぎ口が「鳶口」なのがいい。
ここに窯傷と口辺にいくつかの削げがあるだけでほとんど無傷。

蕾をいっぱいつけたビヨウヤナギをバックに、
え〜っと絞り優先、絞り優先。

(大正頃?/口径:約11cm・高さ:約6.5cm/御売約)


Small spouted bowl, ‘Hirashimizu’ Ware

‘Hirashimizu’ Ware was established in Edo period, early 19th century.
Some potteries still produce daily use pots, vessels, and tableware in Yamagata prefecture.

The milky white glaze has some warm mood with its plump form.

Spouted bowls are very popular indeed.
Old small ones like this are so rare, and beloved for pouring Sake.


f0151592_1847868.jpg




f0151592_18475353.jpg


f0151592_1848246.jpg


f0151592_18481311.jpg

「山形」の刻印入り。

f0151592_18482587.jpg

左から、口径:約17.5cm・高さ:約10cm(御売約)、
口径:約17.5cm・高さ:約9.5cm・10,000円(御売約)、
口径:約14.5cm・高さ:約8cm(御売約)、
それと今回の “チビッコ” 。

f0151592_18483566.jpg


by penelope33 | 2009-05-25 18:58 | 古いもの・古びたもの | Comments(6)
Commented by 西家庵 at 2009-05-26 04:58 x
実は私、平清水の片口が好きでして、
径14㎝と17㎝の手を所有しております。
粉引きの様な釉薬の味わいが見所ですが、
ヒヨコ(ヒヨコ豆?)みたいな造形も愛くるしいです。

私も、こんなに小さいものは初めて拝見しました。
「山形」の窯印も同じく初見です。
径11㎝なら晩酌に持ってこいの寸法ですね。
結構呑む私には、酒量を減らすに丁度よい大きさかも…(苦笑)
Commented by penelope33 at 2009-05-26 06:51
この小さいヒヨコ1杯にしておけば実に適量だと思いますが、
お好きな方が「もう1杯、もう1杯……」
となるのはいたしかたないでしょうね(笑)。

かくいう私も1杯では絶対物足りないでしょうね〜。
……といっても1.5杯位で眠くなっちゃいそうですが。^^

Commented by mashumix at 2009-05-26 07:27 x
おぉ、人気のちびっこ平清水! かわいらしいですね。
やっぱりデジ一の写真はかっくいーですね、
私も夫のEOS使ってみようかしら。
コンデジ一筋なんで、使い方がわからんのです。
Commented by penelope33 at 2009-05-26 16:42
このちびっこだったら狭い我が家でも面倒がみられます(笑)。

新しいカメラをいじり始めてまだ今日で3日なので、
私も取扱説明書を読みながらソロリソロリと撮ってます。

【絞り】あける(F値 小) ⇄ 絞る(F値 大)
【被写界深度(ピントの合う範囲)】
浅い(ピントを合わせたところ以外はボケる)⇄深い(ピントの合う距離が長い)
【シャッタースピード】速い⇄遅い(手ブレしやすい)

……この関係がアタマにあると、わかりやすいです
(御主人にレクチャーしてもらってくださいね ^^)。

私は基本的に動きのない近くのものを撮ることが多いので、
とりあえず、どこからどこまでピントを合わせたいかを優先=絞り優先で、
シャッタースピードその他をオートにしています。

使わない機能もいっぱいあるので、
最低限のことを取説で確かめながらいろいろいじっているうちに
なんとかなるかなぁーと思っとります。
Commented by yackymouse at 2009-05-26 19:17 x
絞り優先ですね~(笑)
背景のボケ具合が器を引き立てますね!
カメラが変わると写真のトーンも変わりますが、私はpenelope33さんの前の写真も新しい写真もどちらのトーンも好きです。
やっぱり、被写体に愛着があると写真にちゃんと出るんでしょうね!
Commented by penelope33 at 2009-05-26 21:25
ははは……、絵に描いたような “背景ボケ” って、写真ですけど(笑)。

以前も古い物を相手に「いいね、いいね〜」と思いながら撮って、
Macに取り込んだ後は、編集者のように容赦なく
「これもボツ、これもボツ。ハイ、再撮!」とやっておりましたので、
コンデジでもデジイチでもさほどスタンスは変わらないかと……。

早く使いこなせるように日々精進したいと思います。 ^^


<< 柳橋の古い建物で開催される骨董...      テスト、テスト。 >>