青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 05月 26日

柳橋の古い建物で開催される骨董市に出店します。

7月18日(土)、19日(日)、20日(祝・月)の3日間、
戦後すぐに建てられた日本家屋を改装した、隅田川のほとりの
柳橋『lucite gallery(ルーサイト ギャラリー)』という場所で開かれる小さな骨董市に
出店させていただくことになりました
(このため、大江戸骨董市の7月の出店はお休みの予定です)。

【日時】
 2009年7月18日(土)、19日(日)、20日(祝・月)
  10:00AMー当初14:30PM頃までとお知らせいたしましたが、20:00頃まで大丈夫です。
     
【会場】
『lucite gallery(ルーサイト ギャラリー)』東京都台東区柳橋1-28-8 → 地図
 「浅草橋」JR東口・地下鉄都営浅草線A6出口 徒歩5分(TEL.&FAX.03-5833-0936)

【入場料】無料(Admission: Free)

【出店業者】
  骨董市でお馴染み・『逢花』こと徳永さん
  青山『Sundries(サンドリーズ)』オーナー・高野さん
  柳橋『lucite gallery(ルーサイト ギャラリー)』オーナー・米山さん
  西荻『Le Midi (ル・ミディ)』オーナー・小林さん
  ……そして今回初参加の『青蓮亭』こと『ロータス・ブルー』 他の予定です。

今日は、使い慣れないカメラを持って、
骨董市の会場となる「lucite gallery(ルーサイト ギャラリー)」に行ってきました。
とても雰囲気のある場所ですので御紹介いたします。

下の画像は、今回の展示のメインの部屋となる洋間への入口。


Renovated gallery which used to be the house of the famous geisha/singer

I'm going to take part in an antique fair held at ‘Lucite Gallery’
(in Yanagibashi, east area of Tokyo), on July 18th-20th.

The gallery was build on the bank of Sumida River just aftrer World War ll.
It is an unique Japanese house including Art Deco style room, where ‘Ichimaru’ (1906-1997),
the famous geisha/pop singer for her talent and beauty lived.


f0151592_2282856.jpg




ここは昭和を代表する芸者・歌手だった「市丸」さん(1906-1997)の旧邸。
浅草の人気芸者だった市丸姐さんが芸者を廃業して歌手に専念するようになったとき、
契約会社のビクターがこの柳橋の屋敷を贈ったとか。

f0151592_2285977.jpg

歌手・モデル・女優と、今でいうマルチタレントだった市丸さんのポスター。
ここは元・電話室で、ハイヤーや人力車の電話番号が壁に残り、当時の生活が垣間見られます。
右下にはビクターのキャラクター、「His Master's Voice」に耳を傾ける「ニッパー君」が。

f0151592_14294995.jpg

玄関です。

ギャラリーのオーナーの米山明子さんは、この市丸邸の隣家で育ち、
市丸さんの死後空家になっていた屋敷を2001年に改装、ギャラリーをオープンしました。

これまでさまざまなジャンルの企画展が開かれましたので、
足を運ばれた方もいらっしゃるでしょうか……?
最近では、雑誌『pen』で
“東京イーストサイド” の新しいアートの拠点のひとつとして紹介されました。

f0151592_1431023.jpg

享保18年(1733年)に水神の霊を慰めるために花火を打ち上げたことに始まる「両国川開き」。
柳橋の名亭『いな垣』を営んでいた米山さんのお祖父様は、
昭和13年から22年まで途絶えていたこの「両国川開き」を再興された方なのだそうです。

そんな縁から、毎年、両国の花火大会開催前の数日間、
隅田川を見下ろすギャラリーの2階(画像・上)が『笑月庵』という名の料亭に
(残念ながら、すでに料亭のほうは3日間とも満席です)。

毎年この期間にギャラリー1階で共催される骨董市に、
『青蓮亭』もお誘いを受けたというわけです。

f0151592_22182834.jpg

モダンな洋間ながら、窓の下の小さな戸棚などに和の意匠が。

f0151592_14323299.jpg

アールデコ調のステップ。

f0151592_22185035.jpg

小さいながらも趣きのある庭。

f0151592_2219373.jpg

米山さんは、北欧陶器とゴブラン織などの織物のコレクター。
ソファの貼地もすごい。

f0151592_2219184.jpg

この会場だけでも一見の価値あり(各業者さんの出品するものは……見てのお楽しみ ^^)。
皆様のお越しをお待ちしております。

f0151592_0351327.jpg

建物の外観。

ギャラリーは、企画展の際には2階がカフェスペースになっております
(骨董市開催時には、『笑月庵』御予約のお客様以外の方は
2階に上がれませんので御注意くださいね)。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2009-05-26 23:05 | ルーサイト ギャラリーの骨董市 | Comments(2)
Commented by cozynest at 2009-05-27 15:40
あ、うれしい。ここ、気になっていたんです。
行くきっかけができて、うれしいな。
絶対うかがいますー!
近くにも器やさんがいくつかあるから、お散歩も楽しめますね♪
Commented by penelope33 at 2009-05-27 21:44
あ、流石、御存知でしたか。
お越しをお待ちしております♪

器やさん、土庵さんや in-kyoさんなどでしょうか……。
私も古いものばかりでなく、
たまには今の作家さんの器を手に取って見なくちゃ……
と思うのですが、なかなか余裕がなくて。 ^^;


<< 「Yutori-tei UK=...      小さな平清水焼の片口 >>