2009年 06月 07日

ちょっとひと休み

このところ日中はかなり暑いので、
朝 “出動” したヤマコが戻ってきて、「暑いよ〜、入れてよ〜」と網戸をガリガリひっかく。

中に入れると小さなアタマが熱くなっていて、身体を拭くとグニャグニャで、
まるで日射病になった子どもみたいだ。

家と家の間のコンクリートの地面などは涼しいのに、
どうしても自分のテリトリーを見晴らす屋根の上にいたいらしく、
結局いつものぼせて「暑いよ〜、入れてよ〜」となる。

一歩外に出ると何匹の敵がいるのか知らないが、
ウチの中だと安心して昼寝ができるらしい。


‘Cat on a Hot Tin Roof’

In these days our cat ‘Yamako’ wants to be back home
and take a short nap every afternoon.

She works so hard on hot roofs to keep her kingdom from her enemy,
that her little head get too hot and a bit panicked.
Just like the famous play of Tennessee Williams(1911-1983).

Peaceful nap by her foster mother.


f0151592_17374595.jpg




        眠〜い。

f0151592_1738082.jpg

        かったる〜い。

f0151592_17381312.jpg

暑くて眠くてかったるいのは母ちゃんもおんなじだよ〜。

by penelope33 | 2009-06-07 17:42 | つれづれ | Comments(2)
Commented by kses1995 at 2009-06-08 09:22
いや~めっちゃ、かわいいですね^^~。猫がおなかを見せて寝ている姿を見ると心がほのぼのします。飼い主さんの愛情を感じます^^。
Commented by penelope33 at 2009-06-08 10:26
kses1995さん、こんにちは。

http://seirentei.exblog.jp/7066080/
http://seirentei.exblog.jp/9513350/
もっとリラックスすると ↑ こんな感じになります。^^

この猫はウチに来る前、前の飼い主から置いていかれたかはぐれたかして、
一時ノラ猫生活をしていたみたいなのですが、
幸い人間にいじめられたことがなかったようで、
最初からとても人懐っこかったです。


<< 萩の図の印判小皿      チェコスロバキアの2つ穴パンチ >>