青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 06月 09日

塗装の剥げたSmiths Alarm

英国・Smiths社の目覚し時計は、
文字盤や全体のデザインが繊細か少々装飾的なものが多いような気がして、
どちらかというとWestclox社のBig Benや Baby BenStyle5Style6
機械類のメーターにも通じる明快さ、
Style7 あたりのミッドモダンテイストに惹かれることが多かったが、
これは剥げかかったペールグリーンの塗装と、
シルバーとグレイの文字盤に並ぶ数字のヴォリュームが琴線に触れた。

このページを見ると、
1950年代の製品の台座の独特なラインがわかる。

目覚し機能も問題なしの完動品。

(イギリス/1950年代/幅:約11.5cm・高さ:約12cm/売約済)


Shabby Smiths Alarm made in England in 1950s

Scratched and rusty texture of this Smiths Alarm inevidably attracts ‘Junk taste’ lover.

Carbooters and charity shop frequenters already enjoyed using junks, second hand
or dameged goods before publishing of ‘Junk Style’ by Melanie Molesworth in 1998.
Her innovation is the concept where ‘Junk’ sublimates into ‘Stlyle’ , and she shows
various sophisticated coordination with ‘Junk’ in the book.

On the other hand, ‘Shabby Chic’ , a romantic and decorative variation of Junk Style
also spread.

Paint loss, rust and the withered are no more defects but spices of your own style.

In Japan, ‘Junk Style’ is enthusiastically accepted and renamed ‘Natural Country Style’
by young women, and now they say 'Brocante' instead of ‘Junk’.
Besides, the style of living with old worn-out items in old or renovated house is so popular,
combined with ‘Slow Life’ ‘Lohas’ stream.


f0151592_20234383.jpg




f0151592_2024401.jpg

     写り込み失礼……!

f0151592_20245053.jpg

2つのゼンマイを「目」に見立てると……「困った君」の顔が現れる(シワもあるし)。
微妙な遅速は中央・下部の+−レバーで。

f0151592_20252030.jpg


f0151592_20253134.jpg

単純なので、ひさびさにThe Smithsの『LOUDER THAN BOMBS』を引っ張り出して聴いている。

by penelope33 | 2009-06-09 20:36 | 古いもの・古びたもの | Comments(6)
Commented by ひで at 2009-06-10 01:47 x
ちょうど目覚し時計つきのこんな時計さがしてたんです。
これかわいくて金属感がよさげですね。
メカニカルさと台座の年代感がきますね。
Commented by penelope33 at 2009-06-10 02:04
ひでさん、メールをお送りしましたので宜しくお願いいたします。
Commented by Y太 at 2009-06-11 14:01 x
最近、英文が併記されていますが、これはペネロープさんによるものですか?
Commented by penelope33 at 2009-06-11 14:42
はい。
お金のかからない英語の勉強だと思って、
毎日電子辞書と首っ引きで書いております。 ^^;

翻訳のブログパーツを貼りつけたので試しに自動翻訳してみたら、
全然意味をなさないコトバの羅列が出てきたので、
「これだったら多少間違っていても自分で書いたほうがマシ」だと(笑)。

特別な英語教育を受けたわけではないので、
ネイティヴの方やエキスパートの方から見れば
「カタコト直訳英作文」なのは承知しているのですが、
まあ大意が伝わればいいやと割り切っています。

自分の普段の生活や考えを英語に置き換えているうちに
ボキャブラリーが増えるかなと思いまして。

あと、日本の文化や日本人の外国文化の受容のしかた(?)に
興味を持っていらっしゃるネイティヴの方が
少しでもこのブログを見てくれれば……と。
Commented by Y太 at 2009-06-12 18:58 x
すごいですねー・・・見習わねば!

ニッチな物・事を探して検索していると
外国の個人のブログに辿り着き、その情報が日本の書籍に記載されている内容よりも正しいことに
最近、何度か出くわしました。(某マイナーな国の情報について)。

個人のブログも本当に捨てたモンというよりも
むしろ情報源としてとても貴重ですね。
Commented by penelope33 at 2009-06-13 01:49
個人ブログというのはマイナーですけど一応「公の場」なので、
どこからどういった方がここにたどりついて御覧になるのかわからないので、
あんまりいいかげんなことは書けないなぁ……と思いますね。


<< 古伊万里染付牡丹文輪花六寸皿      萩の図の印判小皿 >>