2009年 06月 28日

猫缶と缶切り

ヤマコは体調をくずして以来、もう猫缶の “とりこ” だ。

銘柄は「キャラットかつおグルメ」「まぐろグルメ」などといったもの。
特にグルメでも激安品でもない中級クラス?

猫缶をやろうとしているのがわかると、
文字通り小躍りして足にまとわりついたりタックルしたり。


Yamako's lover

We used to feed only dried catfood and dried saridine to our cat Yamako.
After her sickness in this spring, she knew how delicious canned wet catfood is.

Now she is deeply in love with canned food, and watching her behaviour to it is so funny.

I've been using one can opener (the last photo)for over 20 years,
which is nearly “vintage”.


f0151592_164728100.jpg




f0151592_1650873.jpg

上から撮ってみたけど全然おもしろくない……。
そのうちZOOカメラマンに撮ってもらおう。

f0151592_16522457.jpg

「何で早くくれないの!?」と憮然。

f0151592_1647927.jpg

         至福のひととき。

f0151592_16474815.jpg

そんなわけで俄然出番が増えたのがこれ
(えっ?今は白いのって売ってないの……?)。
工房アイザワのステンレス製おたまと同期、もう20年以上ずっと使っている。

昔は何度も買い替えようと思ったけど、
今はもうこのペイントのハゲチョロ(……死語?)も錆も気にならない。
なんでもない新品の日用品が
自分の手元で「古道具」になっていくのも結構好きだ。

引き出しの中にしまっていたのだが、
頻繁に使うようになったので、
以前のようにまた台所のステンレスのバーに引っ掛けておくようになった(収納の変遷はこちらに)。

by penelope33 | 2009-06-28 17:13 | ウチのもの | Comments(8)
Commented by wayumi at 2009-06-29 06:58 x
おはようございます。

「猫缶のとりこ」ってすごーくわかります。

カリカリから何かのきっかけで食べ始めると、もうカリカリはいらないよ!って感じで混ぜてもきれいにカリカリだけ残して…。

猫缶に対する反応は速いので、外にいるのを呼ぶ時は缶をカンカン鳴らすと飛ぶように帰ってきたり。

それにしてもヤマコさんの食卓や缶きりはおしゃれですね!
Commented by penelope33 at 2009-06-29 09:18
wayumiさん、おはようございます。

外に出しているときは今でもカリカリをよく食べていますが、
雨で1日家の中にいると「猫缶コール」がすごいですね。
でもウチは、お刺身をあげたりとか、それ以上の贅沢はもうさせないつもりでいます
(……というか、させられない ^^;)。

wayumiさんのこのコメントを読んで、
相方がいつもカリカリを入れる小鉢をカンカンとたたいたら、
庭にいたヤマコがすっとんできたそうです(笑)。

ヤマコの黒っぽいお皿は苔玉を買ったときについてきたもので、
小鉢は確か陶器市で100円で買ったもの、
水を入れているお茶碗はヒトのおさがりで、
確かstudio mのものだったような。
お盆はひびが入っていて1000円でした。
Commented by mashumix at 2009-06-29 10:03 x
昔、猫を飼っていた時のことを思い出しました。
猫缶をプシュッと開けるだけで、すっ飛んできますよね~猫まっしぐらとはこのことか…(笑 小さい頭をすりすりして、狂おしいほどに。

我が家の猫は、鰹節で出汁をとってるとススーッと帰宅してました。

缶切り、素敵♪
Commented by penelope33 at 2009-06-29 11:46
「狂おしいほどに」!(笑)
ホントにそうですよね〜。

ヤマコは、薬の包みをあけても柿の種のパックをあけても
寄って来る物見高い奴です。 ^^;

缶切り、定番中の定番だと思っていましたが、
案外珍しいのでしょうか……? (@_@
Commented by utuwa-seisyo at 2009-06-29 20:34
値段の問題ではありません、
とても渋くて素敵な食卓だと私も思います^^

缶切り同じかどうか定かではありませんが、
その昔実家でこの赤バージョンを使っていたような記憶があります。

ところでネコ缶はいまだに缶切りが必要な代物だったのですか・・・?!
Commented by penelope33 at 2009-06-29 21:42
結構目立つ場所に出しっぱなしですので、
目のジャマにならぬようにとだんだん渋くなってきました……。 ^^

猫缶ゴハンを食べ残したときには器にラップをかぶせていたのですが、
実は、自分がお茶を残したときの蓋にと買った古い真鍮の蓋を
今日から使うようになりまして、渋さ倍増になってしまいました(笑)。

このタイプの缶切り、私も赤いのがあったなぁと思っていたのですが、
リンク先を見ると「ガンジー100番/300番」なのかも
(しかし、なぜ「ガンジー」……?)

小さくてもっと高級なのはプルトップ缶ですね。
「キャラット△△グルメ」は普通の鮭缶くらいの大きさで、
要缶切りなんですよね〜。
Commented by びっき at 2009-06-29 23:45 x
ヤマコさん、何だかスマートになったと思ったら…
体調を崩したせいなのでしょうか?
ただ単にダイエットならいいのですが。

>自分の手元で「古道具」になっていく…
これ凄くわかります! 手に馴染むと言うか、愛着がわくと言うか、変えがたいですよね。
Commented by penelope33 at 2009-06-30 09:08
びっきさん、目ざといですね。
ここのところの暑さのせいか、ホッソリ小顔になっちゃったんです。

日に2〜4回、少〜しだけやる猫缶が楽しみで、
カリカリを食べる量が減ったのかなぁ……?

でもとても元気ですので御心配なく。 ^^

> 手に馴染むと言うか、愛着がわくと言うか、変えがたい……
ホントにそうなんですよね〜。^^


<< MUSIC FILE Vol.2      李朝白磁水滴 >>