青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 08月 11日

小さなぬいぐるみ

この小動物のぬいぐるみ……子犬かチェブラーシカの親戚?

最初見たときには、まるで動物園のようにいろいろな種類の仲間たちがいて、
そのうちのシカとキリンがまさに昔実家にあったものと同じだったので、
思わず「あっ!」と声にならない声を上げてしまった。

露店の御主人に尋ねたところ「セットじゃなくちゃ売らない」と言われ、
泣く泣くあきらめたのだが、
2度目に見たときには無惨にもバラ売りされた跡が……。

しかたなくこの「ちびっ子」を連れて帰ってきた(シカの子かな?)。

仲間のぬいぐるみの首には、
「SENSHUKAI SOFPET」と記載されたプラスティックのメダルがついていた。

「千趣会」の『ロイヤルペット』は、
北欧ブームで脚光を浴びているが(本家のデンマークの木のオモチャが有名になったため)、
『ソフペット』については今のところネット上に資料が見当たらない。

(1970年代頃/高さ:約10cm/売約済)

f0151592_201945100.jpg




f0151592_2020346.jpg

子どもの頃、C市に住んでいた母方の伯父が、
背中にファスナーがついたピンクの犬のぬいぐるみを買ってくれたときは
とてもうれしかったのだけど、いつのまにか姿を見なくなり、
それ以前も以後も、ぬいぐるみをほしいと思ったことはなかった。

一緒によく遊んだのは「初代リカちゃん」や「サンダーバード2号」(プラモデル)で、
頼りにしていたのは自分のタオルケット。

でも、この「ちびっ子」は、買い手がつかなかったら一緒に住んでもいいような気がしている。

by penelope33 | 2009-08-11 20:31 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
Commented by ぷち at 2009-08-11 22:44 x
わ〜、かわいいですね。
ベッチンという語感に一番ふさわしい感じの布。
確かに昔こんな子たちがうちにもいたような。
覚えているのはキリンで、斑点を全部はがしてしまった。
私は外遊びばかりで、妹がリカちゃん、弟がサンダーバード。
ペネさんはそのころからペネロープさん?
Commented by penelope33 at 2009-08-11 23:04
そうそう「べっちん」ですよ(これももう死語なのかしら〜?)。

キリンの斑点、はがしたくなる気持ち、わかります。
ウチのもはがれかかってたかもしれない(笑)。

サンダーバード、その頃はペネロープよりメカが好きで観てましたね。
どちらかといえばあの青い制服のほうが着たかったような……。
名前
URL
削除用パスワード


<< 渋谷で      台所のかたづけ >>