2009年 10月 09日

中東の緑色のガラス瓶

お譲りいただいた方からは「19世紀のペルシャ産」とお聞きした。
また、同手のガラス瓶で「18〜19世紀のシリア産」というのも見たことがある。

受験科目に世界史や日本史がなかったこともあって、歴史に全く疎いのだけれど、
骨董に興味を持つようになり、人から勧められて
歴史教科書でお馴染みの山川出版社の「世界史総合図録」と「日本史総合図録」を買った。

カラーの図録に歴史的な名品が載っていたりするのもよいのだが、
西暦と元号の関係とか、
「19世紀の中東ってどうなってんの?」などという疑問にパッと答えてくれるのがいい。
これで、世界史743円、日本史657円(2002年版)。

で、その頃の中東は、オスマントルコの勢力が次第に弱まって、
現在のシリアの領域も支配していたイラン(ペルシャ)が
アフシャール朝〜カージャール朝に変わった時期なのだそうだ。

だから19世紀であれば、(現在の)シリア産、イラン産、どちらともいえるのだろう。

(高さ:約22.3cm・幅:約17cm/御売約)

f0151592_2327596.jpg




f0151592_23271924.jpg

『民藝』の何年何号だったか、先輩業者さんに
同手のガラス瓶が表紙になった号を見せていただいたことがある。

f0151592_232938.jpg

その方は、ポルトガル産の世界的なワイン・ブランド
『マテウス』の瓶の原型ではないかと推測されていた。

f0151592_23291688.jpg

『マテウス』なんてもう何年ものんでいないけれど、
お酒がのめない10代の頃から、あの緑色の扁平な瓶はとても好きだった。
今も変わらず緑色のガラスと扁壺に惹かれるのはなぜだろう?

f0151592_2329287.jpg

検索してみたら、最近のはラベルのデザインが一新されていて驚いた。
昔のラベルのほうが好きだったなぁ……。

f0151592_2329405.jpg


by penelope33 | 2009-10-09 23:35 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
Commented by toki-sapp at 2009-10-10 20:56 x
UNTIDYさんのブログでもこういう口元にねじねじの模様がある瓶を見たような気がします。
先日はメール有難うございました。
すごく忙しくしてまして・・
11月のイベント、時間があったら是非伺いたいと思います。
そのときにガラス瓶見せていただくことはできますか?
Commented by penelope33 at 2009-10-11 03:22
toki-sappさん、コメントをいただき、ありがとうございました。
なるほど、UNTIDYさんでも一度は扱われているかもしれませんね……。
もう少し古いものかもしれませんけど……
(Kさん、まちがっていたらスミマセン!)

ガラス瓶、キープいたしておりますので、
できましたら早めの時間帯にいらしていただけるとありがたいです
(おメガネにかなわない場合もあるかもしれませんので……)。

お忙しいところ、まことに恐縮ですが、お待ちしております!


<< 「第21回 西荻骨董好きまつり...      「西荻骨董好きまつり」、こんな... >>