青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 10月 31日

枯れた朝鮮のお膳の天板 2

こちらより小さなサイズで、さらにカラッカラになった天板。

ゆがみ、ひび割れ、穴がある。
ガタツキもあるが、個人的には許容範囲。

今は何も手を加えていないが、しばらく自分で使うとしたら、
一度ビーズワックスを塗ってみようかと思っている。

……と書いたら、このままのほうがいいという御意見が。
そうですね、いつかどなたかの手に渡るとしたら(←売れないと思い込んでいた)、
その方に委ねないといけませんね……。

(幅:33.7〜35.6cm/重さ:約1,070g/御売約)

f0151592_19412238.jpg




f0151592_19414467.jpg


f0151592_19415788.jpg


f0151592_19421218.jpg

まっとうなお膳の上に載せてみた。
なんだかグラフみたいだな……。

f0151592_19422658.jpg

      裏側。

f0151592_19424065.jpg


by penelope33 | 2009-10-31 19:48 | 古いもの・古びたもの | Comments(4)
Commented by martiniflats at 2009-11-04 02:00 x
お盆、欲しいな〜といってみれば…
こんなもん見せないでくださいよ。(苦笑)
欲しいな〜。でも重そうですね。1k?
って、もう手が重さを忘れてる。
Commented by penelope33 at 2009-11-04 11:19
これはもう骨董市や催事には持っていかないと思うので、
当分ウチに残ると思いますよ……。
それにたとえこれが売れても、
たぶんこの手のはまた買えると思います。
Commented at 2009-11-05 02:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2009-11-05 11:34
> 鍵コメント at 2009-11-05 02:44 様

ただいまメールをお送りしました。


<< 山茶花 1号      KILNER のガラス保存瓶 >>