青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 11日

「WATCH & FURNITURE」@骨董ジャンボリー(最終日)

昨日は『骨董ジャンボリー』の最終日。
英国アンティークの「WATCH & FURNITURE(W&F)」というお店
(with 「Yutori-tei UK(ゆとり亭UK)」)のお手伝いの3日目(ブースNo.は「U-18」)。

壁につるしたイギリスのスーパーマーケット「Sainsbury's(セインズベリー)」や
「TESCO×Cath Kidston」のエコバッグ(→こちらに画像がたくさん!)で
「ゆとり亭」を見つけてくださったお客様もいらっしゃいました。

f0151592_958262.jpg




f0151592_9584032.jpg

こういうカラフルな品が出てくると、いつものゆとり亭さんらしくなってきますね。

f0151592_9585391.jpg

ガラスのアイスクリームカップは、かわいくてお手頃値段。
手前左は19世紀のシノワズリ(中国趣味)の「Spode(スポード)」の色絵鉢
(……っていう言いかたでいいんでしょうか……?)。
今回の『骨董ジャンボリー』参戦のために購入されたとか(在庫アリ)。

f0151592_959580.jpg

高価な時計やコレクターズアイテムがズラリ。
このあたり、私にとってはほとんど未知の領域(なんにも知らないな〜、自分……)。
でも勝手に並べさせていただきました。

f0151592_9591650.jpg

手前左のリスのついた緑色の小皿は、どうやら「パイプ置き」らしいです。
奥には「フレッド君」が並んでいます。

f0151592_9593198.jpg

この次は小さなクリップライトがつけられるといいかもしれまんね。

御来店・お買い上げくださった皆様、まことにありがとうございました。

W&FのMさん、Aさん、Yutori-tei UKのMrs.Tさん、お疲れさまでした。
いろいろとお世話になり、ありがとうございました。
Mさんの奥様、細やかなお心遣い、身に沁みました。
ありがとうございました。

出店業者の皆様、いろいろとお教えいただき、ありがとうございました。

いつも初日に買いに行くだけの『骨董ジャンボリー』。
初めて出店業者側になり、内側をのぞいて勉強させていただきました。

by penelope33 | 2010-01-11 01:45 | お知らせ | Comments(2)
Commented by Take at 2010-01-11 04:12 x
家内がお世話になりました。お陰さまで無事イベントを終える事ができました。日々是勉強ですな。参加実体験してはじめて判る事がほんとうに多々あります。やっぱり、お客様との交流がもっとも大切なゆとり亭です。いつかは旗上げできることを目指しつつ頑張ります。宜しくお願いします。
Commented by penelope33 at 2010-01-11 09:05
こちらこそ本当にお世話になりました。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

ゆとり亭、新しいファンが確実に増えたと思いますよ。
お客様には本当にいろいろと教えられますね。
5月の御夫妻での新宿アンティークフェア参戦、
楽しみにしております!


<< 「幾何文」と「桃と菱文」の印判...      「WATCH & FURNIT... >>