青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 02月 05日

ふたつの繭皿

ひとつは端正な印象、もうひとつは野趣を感じさせる。

熱湯をかけた以外は手を加えていない。
たわしでゴシゴシ洗って明るい色にするもよし、
蜜蝋ワックスやオイルなどで艶を出すもよし。

(向かって右がA《御売約》、左がB《御売約》)

f0151592_20474792.jpg




【A】=直径:約32〜32.5cm
f0151592_2049548.jpg


f0151592_20491623.jpg


f0151592_20493093.jpg

ウチにあった伊予柑を載せてみた(普通の蜜柑より大きくオレンジよりやや小さなサイズ)。

f0151592_20494095.jpg


【B】……直径:約33cm
f0151592_2050024.jpg

割れと「鎹(かすがい)」がポイント。

f0151592_20501532.jpg


f0151592_20502822.jpg


f0151592_20503915.jpg


f0151592_20505143.jpg


f0151592_205157.jpg


f0151592_20512315.jpg

フォルムと質感が対照的だけど、重さはともに約330g。

by penelope33 | 2010-02-05 20:59 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)


<< 『LIVE AT RONNIE...      今夜の晩酌セット >>