2010年 03月 21日

雪柳と李朝白磁瓶

今日はノロノロと昼過ぎまで寝て、
風が怖くて早々に帰ってきたヤマコを家に入れてから、
ZOOとふたつ隣りの駅の街まで歩いてお昼を食べに行った。

庭の雪柳がきれいだと思いながら少し歩くうちに、
昨日が母の命日だったことを思い出した。

誕生日より命日のほうが忘れそうとは言っていたけれど、没後1年にしてこの体たらく。

f0151592_18393658.jpg




去年は20日が「春分の日」で休みだったのか……。
実家の庭の雪柳と比べると微々たるものだけど、
先週観られなかった中院の桜の埋め合わせもしてくれたような気がする。

ちょうどこの白磁瓶のお問い合わせをいただいていたのもあって、
帰ってから雪柳の枝を2本ばかり切り、生けて……というか、差してみた。

我が家にろくな花生けがないので仕入れてみた品だが、
今までどんな花をどう生けたらよいのかわからなくて、ただながめるだけだった。
改めて「買ってよかった……」と思った。

by penelope33 | 2010-03-21 18:41 | つれづれ | Comments(2)
Commented by やの at 2010-03-22 23:28 x
きれいですね・・・
一輪挿しを買ったもののどんな花を指せばよいものやらと、
お酒は。。注いでないですが、おいて眺めるだけの有様。
あ、大阪に転勤になってしまいました。気軽に大江戸骨董市に
は行けなくなって残念です。
Commented by penelope33 at 2010-03-23 01:43
やのさん、おひさしぶりです。

一輪挿しに合う花って、なかなか花屋さんにはないですよね。
少し前でしたら水仙とか?
これからですと、桜の幹からヒョッコリ出ている小枝を失敬するとか……。

大阪にいらっしゃる間はぜひ関西の骨董市を楽しんできてください。
こちらに戻られたら、またよろしくお願いいたします。


<< MAXWELLのコーヒーサーバー      明日の大江戸骨董市は中止になり... >>