青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 04月 14日

古伊万里色絵薊文蕎麦猪口

こんな豆皿を載せたことはあるけれど、
商品として古伊万里の色絵の器を紹介するのは今回が初めて。

ここ数年、「半分かすれたような色絵の器はないかなぁ……」と思い続けていたら、
この小さな蕎麦猪口に出会った。

金彩が控えめに使われた薊(アザミ)の絵がとてもいい。

「宝暦」頃(江戸中期の終わり)とのこと。

(口径:約7〜7.2cm・高さ:約5.6cm/御売約)

f0151592_205168.jpg




f0151592_20511523.jpg


f0151592_20513276.jpg


f0151592_20514220.jpg

高台内に小さな窯キズと極小のひっつきがある。

f0151592_20515942.jpg

口はやや楕円。

f0151592_2052816.jpg

中位のサイズの白磁猪口と。

f0151592_20522250.jpg

唐津・李朝・初期伊万里とシブくキメている皆様も、
春の宵、こんな侘びた色絵の猪口で一献傾けるのもよいのでは……?

口に小さな窯キズあり。
UPの画像を御希望の方がいらっしゃいましたら、お知らせください。

by penelope33 | 2010-04-14 21:03 | 古いもの・古びたもの | Comments(8)
Commented at 2010-04-14 22:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-04-14 23:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-04-15 00:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2010-04-15 01:13
> 鍵コメント at 2010-04-15 00:32 様

遅くなりましたが、メールをお送りしましたので、
よろしくお願いいたします。
Commented at 2010-04-16 13:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2010-04-16 19:42
> m様

おあいにく様でした……。
ただいまメールをお送りしましたので、よろしく御検討くださいませ。
Commented by びっき at 2010-04-17 17:40 x
ご無沙汰ですm(__)m
最近、自分とこのブログをUPするのが精一杯で、なかなかコメントまで出来ません。

これいいですね~ お酒入れたら美味しいでしょうね。
Commented by penelope33 at 2010-04-17 18:49
びっきさん、こんにちは〜。

これ、びっきさんもお好みでしたか!
また、こういうのがあれば買いたいものですが、
この次また出会えるかどうか(あっても高かったりして)、
……一期一会かもしれませんね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 小さな書生さんの服      ZOOの夢日記 3『大先輩の人たち』 >>