青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 04月 21日

ワイヤー製の水切りかご 2

“質実剛健” という感じのワイヤーかご。
素材はこのかごと同様にアルミニウム。

収納用にもいいけれど、
以前のものより目が細かいので、野菜や食器の水切りに使いやすそう。

中に入っているのはオレンジ。
サイズの目安に。

(昭和前期/口径:約30.5cm・高さ:約12cm/御売約)

f0151592_22452871.jpg




f0151592_22454274.jpg


f0151592_22455648.jpg


f0151592_22461196.jpg

ふたつのアルミかご。

f0151592_22462912.jpg


by penelope33 | 2010-04-21 22:48 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
Commented by 千城 at 2010-04-22 02:17 x
なるほど、こんな物が骨董品として・・・
昔は毎日使う日用雑貨だったんだけどね。
そう云えば竹籠も金網籠も見かけなくなっちゃいました。
ほとんどがプラスチック製、安価だけど・・・
味気無いと云えば味気無い生活、
心が廃れる原因の一つかもしれません。
Commented by penelope33 at 2010-04-22 10:04
千城さん、こんにちは。

実家のことを思い出してみると、
台所の水切りカゴは物心ついたときにはプラスチックでした。
お餅を焼く網やネズミ取りはこんな金網でしたけどね。
証拠写真→ http://seirentei.exblog.jp/7730532/
ネズミ取りのカゴも今はなんだかかわいらしく見えます……。

母は料理には手間をかけてくれましたけど、片づけが苦手で。
実家にいた頃は、プラスチックの水切りかごの受け皿にたまった
水を捨てるのが私の仕事(?)だったなぁ……。



<< 縁の高い小丸盆      オレンジ色の帽子の少女人形 >>