2010年 05月 02日

抜群のミニ木地盆

今日はあちこちで骨董市が開かれる第一日曜なのに、
体調がいまひとつで起きられず、残念無念。

気を取り直して、昨日の「目白コレクション」で
京都の「大吉」さんからお譲りいただいたお盆を御紹介。

とにかくかわいくて、他にもほしいものはあったけれど、
これは見たときからずっとつかんだまま手放さなかった。

手に取りながらかなり迷った瀬戸の飴釉蝋燭徳利は、
今日問い合わせたら「売れてしまった」とのことで、
「やっぱり出会ったときに買うべきだった」と猛省。
昨日、「こんなにプロやマニアが来ているのに売れてないということは、
それだけ売りにくいってことか……?」なんて考えず、素直に買えばよかったのにね……。

このお盆は、ちょうど小さなお盆のお問い合わせをくださったお客様の元に。

(直径:17.7〜17.8cm/御売約)

f0151592_19144781.jpg




f0151592_1915377.jpg

材は桑、時代は明治頃でしょうか。

f0151592_19151486.jpg


f0151592_1917454.jpg


f0151592_19171780.jpg


by penelope33 | 2010-05-02 19:24 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)


<< くらわんか草花文猪口      今夜の晩酌セット >>