青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 05月 10日

古伊万里染付丸文下がり藤蕎麦猪口

単純化した下がり藤と粋な丸文を組み合わせた、とびきりモダンな意匠の蕎麦猪口。

(江戸後期/口径:約8cm・高さ:約6cm/御売約)

f0151592_1955412.jpg




f0151592_1956996.jpg

この猪口が5客揃いなのは珍しいと思う(全て完品)。
静岡の、徳川家のお女中さんだった方の家から出たものだとか。
バラ売りするのは忍びない気もするが……。

f0151592_19563017.jpg

以下は全て最初の画像のもの(A番とします)。
やや楕円気味(口径:約7.9〜8.1cm)。

f0151592_19565621.jpg


f0151592_19571099.jpg

こんなピンホールや……

f0151592_19572391.jpg

ごくごく小さな窯傷などはあります。

f0151592_19573889.jpg

上から左周りにA、B、C、D、E番。
それぞれの見込みと高台のUPの画像を御覧になりたい方は、
メールか鍵コメントでお知らせください。

by penelope33 | 2010-05-10 22:52 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)


<< コンパクトな本立て その1      新しい「usé(ユゼ)」に行っ... >>