青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 06月 14日

今日の朝ごはん

以前「朝ごはんみたいな夕ごはん」というタイトルで日記を書いたことがあるが、
それでは「朝ごはんが夕ごはんみたい」かというと、
全くそんなことはなく、さらにジミ。

最近、お米をしっかり食べたかったり、卵料理すらしたくないときに、
卵かけご飯をよく食べるようになった。
日本のファストフード。
「あ、その手があったか」と、ある日思い出したのである。

昔、実家では、卵かけごはんのことを「卵のごはん」と呼んでいた。
幼稚園の頃これにハマり、幼児のくせに朝から丼飯を食べて登園することもあった。
その頃使っていた染付の「麦わら手」の丼が懐かしい(今でも実家に1客だけある)。

小学校に入学すると、だんだん朝が弱くなり食も細くなって、
よく母から「おみおつけ(=味噌汁)だけでものんでいきなさい」と言われたものだ。
「おみおつけ(御御御付け)」というのは東京近郊の古い言葉らしい。
父はただ「おつけ」と言っていた。

今でも「お味噌汁」と口にすると、なんだか “よそいき” の言葉のような気がしてならない。

f0151592_21264863.jpg




玄米だから最初から黄色い……。

今日の朝ごはんは、昨夜のひじき煮があるのでそれなりに「定食風」になっている。

けさは適当な野菜がなかったので、
冷凍しておいたカブの葉とワカメでひとり分の味噌汁をつくった。
味噌汁は小袋に入ったインスタントのものに、
自分で「ふえるわかめ」を足すだけということも多い。

ウチには丼というものがないので、卵かけごはんのときは、
大抵このARABIAの「24h」か「ブラックパラティッシ」のスープボウルを使う。

先日骨董市で自宅用にひとつだけ買った
古い朝鮮の鉄釉の丼(いわゆる “大正李朝” ですかね )は、ZOOが早々に割った
(買ってまだ日も浅かったので、さほど気落ちもしなかった)。

実家のあの麦わら手の丼、今度もらってこよう……。

      あっ、こらっ!
f0151592_21272338.jpg

ひじきからは磯の香り……。

f0151592_21274152.jpg

……味噌汁からは鰹節と煮干しの匂い。

まあ、しょうがないね……。

by penelope33 | 2010-06-14 21:42 | つれづれ | Comments(4)
Commented by まき at 2010-06-14 22:36 x
私は朝からこれだけの量は食べられません~。
毎朝5枚切り食パンのチーズトーストと、
ヨーグルトをオレンジジュースで割ったものを流し込むのがやっとです。

我が家もおコメは、玄米です。
健康のためとかではなくて、単に白米が苦手だという…。
パラパラ硬い玄米や雑穀の方が好きなんです。

いいニオイがしたら、飛んできちゃいますよね、ヤマコちゃん。
Commented by penelope33 at 2010-06-15 01:59
ウチは「朝ごはん」といってもほとんど朝昼一緒ですので……。 ^^;
勤め人時代は私もほとんどパン食でした。
ヨーグルトのオレンジジュース割りもよく飲みましたよ〜。

私は白米も好きですが、玄米のほうがもっと好きですね。
主食の味わいが増すと粗食でもわびしい感じがしませんね。

ヤマコはカラの器でも一応ニオイを嗅ぐんですよ(笑)。
ゴハンの入れ物っていうのが一応わかるんですね。 ^^
Commented by ミッツィ at 2010-06-15 12:20 x
はじめまして。
「おつけ」なつかしい・・・!
私は茨城南部出身ですが、うちの実家の辺りでもそう言ってました。
ちょっと品良く言う場合は「おみおつけ」、普通は「おつけ」。
漬物は「こうこ」。
たぶん今の若い人達は「味噌汁」「漬物」と言っていると思います。
お年寄りのいる家庭では、まだ「おつけとこうこ」で通じると思いますが。

炊きたてのごはん、ちゃんと出汁を取って作ったおみおつけ。
今の時代では、これこそごちそうですよね。
Commented by penelope33 at 2010-06-15 15:02
ミッツィさん、はじめまして。
コメントをいただき、ありがとうございます♪

そうそう、「おこうこ」もありましたね〜。 ^^

お鍋で炊いたご飯(上のはレンジでチンしたものですが)と
おみおつけを食べると、和食っていいなーといつも思います。

一時期我が家には「ぬか漬け大臣(=夫)」もいたのですが、
引退してしまいまして(笑)。


<< Doulton & Co. L...      ガーリィな印判茶碗 >>