青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 06月 25日

ちっちゃなちゃぶ台

夏風邪がなかなか抜けず、風邪薬でアタマは朦朧、
時折ゼロゼロと咳き込みながらも、少〜しづつ快方に向かっているような……。

ということで、ひさびさの品物の御紹介。

ちーっちゃなちゃぶ台。
これを見たZOOは、
「これでひとりで食事をするのはあまりに哀しいんじゃないか……?」と言っていたけれど、
カラダも心根もこじんまりした私などは、「いーじゃん、かわいくって」と思う。

天板を手入れしないといけないのだが、
丁寧に手を加えたら私物にしてしまいそうな気もするので、
まずは現状でお披露目。

(直径:約43.5cm・高さ:約16cm/御売約)

f0151592_2054975.jpg




f0151592_20543646.jpg

2階にはパソコン台だけで、ちょっとした書きものをする小机がない。
必要なときは李朝のお膳を使っているのだけど……。

f0151592_7191635.jpg


f0151592_20542587.jpg


f0151592_2055150.jpg


f0151592_20551495.jpg


f0151592_20552976.jpg

足をたたむと足付きのお盆のような塩梅。

f0151592_20554539.jpg

侘しすぎる……?

by penelope33 | 2010-06-25 20:59 | 古いもの・古びたもの | Comments(6)
Commented at 2010-06-26 00:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2010-06-27 21:18
Y様、おひさしぶりです。
お気遣いいただき、ありがとうございます。

お気が向かれましたら直接メールをくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。
Commented at 2010-06-29 01:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2010-06-29 07:52
> SY様

その節はお皿をお買い上げいただき、
またこのちゃぶ台のお問い合わせもいただき、
まことにありがとうございます。

3番目に裏面のUPの画像を追加いたしました。
裏面はこのようにニスがしっかり塗られている状態です。

全体のニスを取るとなると剥離材を使ったりとかなり手間がかかりますので、
天板の表側と側面だけ丁寧にやすりがけをしまして、
ドライな状態に仕上げようと考えております。

その上に蜜蝋ワックスを塗れば、自然な艶が出ますので、
裏面との釣り合いも取れるのではないかと思います。
ワックスは当方では塗らないで少量おつけいたしますので、
お好みで仕上げていただければ……。

気長に全体にやすりをかける道もありますが、
天板の質感を御覧いただいた上で、御自分で御判断いただければ。

天板の手入れの作業料、予備の紙やすり、ワックスなどを含めまして、
12,000円+送料実費ということでいかがでしょうか……?

御検討いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
Commented at 2010-06-30 02:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2010-06-30 08:25
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。


<< 笹の葉と菱文の印判小皿      勝本みつる 展 「things... >>