2010年 07月 04日

七月四日、朝七時。

数日前、大家さんから、
「そろそろ母屋と一緒に(私たちが借りている家を)取り壊そうと思っておりまして。
御都合であと1回更新していただいても結構ですが……」との知らせがあった。

この小さな家に越してきたのは1999年10月。
来るべきときがとうとう来たなという感じ。
でも、私もZOOも結構動揺している。

今日は雨で骨董市が中止になるかと思い、目覚しをかけなかったので出遅れた。

ニャーニャー鳴くヤマコを閉じ込めて出た、
湿度の高い朝7時過ぎの庭。
今はアガパンサスが派手に咲いている。

ヒキガエルのカサコソ動く音が聴こえた。

f0151592_23323529.jpg




  時は春、
  日は朝(あした)、
  朝は七時、
  片岡に露みちて、
  揚雲雀なのりいで、
  蝸牛枝に這ひ、
  神、そらに知ろしめす。
  すべて世は事も無し。


……なんとなく思い出したイギリスの詩も、上田敏の『海潮音』ではなく
漫画(萩尾望都の『ポーの一族/小鳥の巣』)で知ったという “サブカル姉ちゃん” なのだが、
リンク先を見ると、そういう人、多いみたいで。

f0151592_23325041.jpg

引っ越し話の他にも、世事が多くて疲れる……。

by penelope33 | 2010-07-04 23:36 | つれづれ | Comments(6)
Commented by 夢屋 at 2010-07-05 10:24 x
そう引越しか・・・・・一軒屋に暮らすと、コンクリートの家への移住は
躊躇してしまうかな。家って生き物だからね。
思い切って(仕事を考えると難しいか)田舎への移住を考えれば
その気があるのなら相談にのるよ。
Commented by penelope33 at 2010-07-05 13:42
夢屋さん、こんにちは。

ふたりとも、実家を出てからずっと同じところに住み、
その後ほぼ同じ年数だけ今の場所に住んでいるという「定住型」、
その上それぞれ荷物の量が多いので、引っ越しを考えるだけで
ユーウツになってしまうんですよね(笑)。

ヤマコの性格を考えると、完全に家猫にするのはかわいそうなので、
なんとか古い一戸建てを探したいところなのですが……。

渋谷の仕事上と私のちっぽけな商い上、
やはり田舎暮らしは難しいでしょうかね……。
御心配いただき、ありがとうございます。
Commented by まき at 2010-07-05 15:45 x
なんだか私まで動揺してしまっています。
引越しって想像以上に大変で、寝込んだことがあるもので…。
よさそうな一戸建てがみつかりますように!

田舎暮らし、憧れなのですがいろいろと難しい問題もあるようで、
今一歩踏み出せずにおります。
たまに素晴らしい物件をみつけてはヨダレを垂らしております。
Commented by penelope33 at 2010-07-05 18:30
まきさん、動揺させてしまってすみません……。 ^^;

引っ越し前と引っ越し後に、
ダンボールの山の中で暮らすのが何とも……。
今までは便利な場所の物件でしたが、
今度はそうもいかないだろうなぁと覚悟しています。

そんなこともあって、
相方の古本の山の一部に自ら切り込んで(笑)、整理を始めています。
それが一段落しないと、今度の出展用の在庫整理と
値札付けとパッキングに取りかかれないんです(あ〜あ……)。

骨董商をやめて長野で米作りを始めた方のお話を人づてに聞きましたが、
子どものいない家は地元社会と付き合うのも難しいようで、
なかなか大変そうですね〜。
Commented by wayumi at 2010-07-05 20:36 x
こんばんは。
なんだか私が言われたように気が重くなってしまいました。
お話を聞くたび、「小さい庭の小さいおうち」いいな~と密かに思っていたのですが、いろいろな事情が発生するのですね。物件探しや引っ越し準備も大変ですが、すみません、一番にヤマコさんのことが…。私も結婚するとき猫がいたのですが、長く住んでいた環境を変えたくなかったので、猫は実家から出さず、自分が実家のすぐそばに住んでいました。
考えることや、やらなくてはならないことがたーくさんある中でまたひとつ課題が増えて大変ですが、どうぞお身体ご自愛下さい。
Commented by penelope33 at 2010-07-06 00:05
wayumiさん、こんばんは。
お気遣いいただき、ありがとうございます。

実は今ちょっとヤマコがストレスをかかえているみたいなんですよ……
(よく食べて元気もあるのですが……)。
裏のお宅の解体工事の音、梅雨で思うように外に出られないこと、
私たちが揃って外出したり、精神的に揺れ動いていることとか、
原因はいろいろあるのでしょう。

私の母が死んだときのことを思い出しても、
「引っ越しというのは猫にとってすごいストレスだろうなぁー、
猫はそれを言葉で訴えることができないし……」などと考えてしまいます。

まあ、まず飼い主が「どうにかなるさ!」と思わないといけませんね。
何かあったら、そのときはそのときで何とか対応するしかないですものね……。


<< イニシャル入りのピューターのゴ...      加藤静允さんの初期伊万里写し山... >>