2010年 08月 11日

古ぼけたウサギのぬいぐるみ

「やきもの(本郷焼大皿)」、「木工品(繭皿)」ときて、
その次に目先を変えて骨董でも古道具でもないオモチャ系をと思ったが、
こうやって画像を見ると、茶系のものばかりでなんだか暑苦しいような。

シュタイフとかのコレクターズアイテムにはてんで疎いのだけど、
毛むくじゃらの小動物が身近にいる者として、
このウサギのぬいぐるみには何か「真実」のようなものが感じられた。

ホントのウサギの目って、もっとコワイんだけど。

(昭和の中頃/鼻先から尻尾までの長さ:約28.5cm・体重:約250g/御売約)

f0151592_21255479.jpg




f0151592_21253814.jpg


f0151592_21252326.jpg


f0151592_21251178.jpg


f0151592_21244530.jpg


f0151592_21272777.jpg


f0151592_17244979.jpg

真正面からの顔は……ちょっとヘンかも。

f0151592_1725022.jpg

このくらいの角度がかわいい。
……いい子だね♪

by penelope33 | 2010-08-11 21:27 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
Commented by sa55z at 2010-08-11 22:19
わー、これは本物に見えてしまいます。
リアルだわ-。
Commented by penelope33 at 2010-08-11 23:56
今にも鼻をヒクヒクさせそうです。


<< 古伊万里染付草花文猪口      端正な繭皿 >>