青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 08月 15日

お盆

今日のタイトルに「お盆」と入力したら、
「お盆は愉しい」という選択肢が勝手に出てきた。
その「お盆」じゃないんだってば……。

画像の古い平屋が川越にある実家。
老父が住んでいる。

昔は小さな古い家を恥ずかしく思ったこともあったが、
今はこの母方の祖父が戦前に建てた家をなんとか残せないものかと思う。
(かなりお金がかかるけれど……)。

f0151592_21274840.jpg




f0151592_21281129.jpg

手前に見えるのが姉夫妻の家。

f0151592_21273278.jpg

姉が選んだ “ナチュラル系” の仏壇の前で、
過密スケジュールをぬってお坊さんが読経してくださった。

母の遺影は60代初めの頃の写真。
駅前の花屋で買ったトルコキキョウを姉がグラスに生けてくれた。

今日も一日暑かった……。

by penelope33 | 2010-08-15 21:54 | つれづれ | Comments(8)
Commented by うな茶漬け at 2010-08-15 22:31 x
残暑お見舞い申し上げます。
「ナチュラル系の仏壇」・・・なるほど。北欧家具風です。いいですね、お母様も居心地良さそう。
ウチはクリスチャンなのでお仏壇なし、写真とお花だけです。
楽っちゃラクですが。
母は58歳で身まかりましたので、遺影も若いです。だんだん自分がそのトシに近づくので、天国で逢ったとき、若い母と老け込んだ娘なんてやだなぁ、なんて考えます(笑)
古いお宅、玄関の明かり取りが懐かしい!
引き戸を「がらがら〜」って開けるとちりんちりんって鳴る、アナログなベルもありましたね。
Commented by penelope33 at 2010-08-15 23:09
残暑お見舞い申し上げます。

58歳ですか……お母様、まだお若かったのですね。
ウチは81歳で死なれてもキツかったので、
うな茶漬けさん御一家のお嘆きもさぞや深かったことでしょうね。

普段は宗教を意識せずに暮らしていますが、
旧盆の8月15日は、
たくさんの人々が死んだ大きな戦争が終わった日でもありますので、
死者と交流(?)するのにはちょうどいいのかもしれません。

> 「がらがら〜」って開けると「ちりんちりん」

ありましたね〜。今でも川越あたりではありそうです。

東京に住んでいると、昼間誰でも「がらがら〜」って開けられる家って、
「すごいなぁ」と思います(実家は今もそうです)。
人の善意を信じている社会じゃないとありえないですよね……。
Commented by まき at 2010-08-16 12:30 x
このお仏壇いいですね。コンパクトでシンプルで。
うちのは巨大ないわゆる『仏壇!』ですので、正直手に余ります。
偶然ですが、私の母も58歳で鬼籍に入っておりますです。

前に住んでいた家がこんな感じでした。
上がり框が凄く高くて、入るのによじのぼっていましたね。
台所も思いっきり土間のコンクリ打ちで、土足だったのを覚えています。
古い家って維持費用がけっこう凄いですよね(^^;)
Commented by penelope33 at 2010-08-16 16:50
まきさんのお母様も50代で……。
ウチは「大往生」の部類ですね。

昔の大きな家には「少しでも立派な仏壇を」ということだったのでしょうが、
現代のフツーの家にはコンパクトな仏壇じゃないと収まりませんね。

実家は昔、お風呂場のほうが一段下がってコンクリでした。
上がり框はやはり高めで、そういえばみんな急いで上がるときに
よくすねをぶつけてましたね(笑)。
お客さんが腰掛けて話すのにちょうどいい高さです。

父の話だと、先日障子張りを頼んだところ、職人さんから
「いい材を使っているので、大事にしてください」と言われたそうです。

父の煙草のヤニで真っ黒になった天井も、
「鶉木(うずらもく)」といってとても高価なものだとか。
父は「それを売ってベニヤにするかな〜」と……
(しょーもない親父です ^^;)。
Commented by ボレロ at 2010-08-16 17:17 x
正しい日本の家って感じですね。
なんとか残していただきたいです。

私自身はマンション住まいなのですが、古い家が好きで(古道具はもちろん好きです)良い風情の古い家を見つけると、その家の周りをぐるぐる歩き回りながら色んな角度から覗き込んでいます。
今のところ大丈夫ですが、そのうち警察の職務質問を受けるかもしれません(笑)
それくらいジロジロ見ています。

お気に入りの古い家が、ある日突然取り壊されて更地になり、しばらくすると、つるつるピカピカしたつまらない家が建っている。。。
もう何度もそんな経験をして、まるで自分の家が取り壊されたかのようにショックを受けてきました。
家の所有者のかたは維持費や相続の問題を抱えておられるわけで、私みたいな古い家を見て楽しんでいるだけの人間が無責任なことを言える立場ではないのですが。
でも、あまりにも素敵なお宅なので、コメントさせていただきました。
Commented by びっき at 2010-08-16 20:27 x
残暑お見舞い申し上げます。
今の家はパナホームで、これはこれでいいのですが…
娘が嫁ぎ、夫婦二人になったらこんな家に住みたいと考えています。

ちょっと忙しくしており、ご無沙汰しましたm(__)m
Commented by penelope33 at 2010-08-16 21:54
ボレロさん、初めまして。
コメントをいただき、ありがとうございます。

生まれ育った家を出て、中高年となり、
改めて昔の家のよさを実感しております。

実家は姉が相続したのですが、
幸い、なんとか補修して将来住みたいと申しております。
Commented by penelope33 at 2010-08-16 21:57
びっきさん、おひさしぶりです〜。

そうですね。
お子さんが巣立ったら、こじんまりとした家がいいかもしれませんね。
ウチはふたり+猫1匹の割に荷物が多いので、
なかなかこざっぱりとはいきませんが、
やはり最終的にちっちゃな家に落ち着きましたよ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 今日の晩酌セット      漆喰とステンレス FINAL(... >>