2010年 10月 15日

「第23回 西荻骨董好きまつり」出店レポート

少々間が空いてしまいましたので、サクッと御報告。
9日(土)、「第23回 西荻骨董好きまつり」の出店を無事に終えました。

家のことでバタバタしてしまい、約2ヶ月間ほぼ休業状態が続き、
準備もままならなかったのですが、
「参加することに意義あり」と開き直っての出店でした。

新居が「ひばりヶ丘」に決まったときには、
「(大荷物を持って)いったい西荻にはどうやって出店すればいいの?」と
途方に暮れましたが、
西武池袋線で「大泉学園駅」まで行くと、南口から「西荻駅」行きのバスが出ていることを発見。
会場の「井荻會館」最寄りのバス停「地蔵坂上」にも停まるので、案外便利です。

7時45分には会場入り。
荷物が少ないので、品物を全部並べ終わり、写真を撮り、
1階の様子を見る余裕がありました。

f0151592_0115795.jpg




f0151592_0132740.jpg

開場5分前、いつものように「伊勢屋美術」「ギャラリー壽庵」オーナーの猪鼻さんが御挨拶。
お隣りは実行委員会を取り仕切っておられる西荻の古道具店「駱駝」店主の山本さん

f0151592_0134948.jpg


f0151592_0142188.jpg

春の頃、あまりかわいらしいので買った紅葉文の飯碗。
これが揃いで売れたのはちょっと嬉しかった。

f0151592_0174029.jpg

今回のお題は「兎と月」。
唯一用意した兎は “コワかわいい” ぬいぐるみ
(ZOOから「キモチ悪いから早く売ってよ」と言われていたのに、持ち帰ってしまった……)。

あいにくの天気と、
パワーアップした「目白コレクション」と重なったせいもあったのか、
普段よりお客様の数も少なめで、売り上げも伸びず。
とはいえ、この催事ならではの「和める雰囲気」を愉しんだ一日でした。

土砂降りの中を帰りながらも、
「ま、こんな感じで気軽に出店するのもいいかも」と、
割合とサバサバした気分でありました。

売れ残った商品は、随時ブログで御紹介いたします。

御来場、お買い上げいただいた皆様、まことにありがとうございました。
スタッフの皆様や出店業者の皆様、大変お世話になりました。

次回(4月の第2土・日曜の予定)は満を持して臨みたいと思っております。
よい天気になりますように……。

by penelope33 | 2010-10-15 00:21 | 西荻骨董好きまつり | Comments(4)
Commented by wayumi at 2010-10-15 10:03 x
お引っ越し、そして出店お疲れさまでした。
ここ一年位何かのイベントがあると知る前に必ずというほど仕事が入っていて参加できずじまいです。
「気」が足りない?のかそういう年周りなのか?

疲れもたまっている時期ですのでお身体に気をつけて下さいね。
ヤマコさんも少しずつ新しい環境に慣れることを祈っています。
Commented by penelope33 at 2010-10-15 11:17
wayumiさん、おひさしぶりです。
お仕事御繁盛で何よりじゃないですか〜
(でも、そろそろ京都が呼んでいる? ^^)

お気遣い、ありがとうございます。
おかげさまでヤマコは元気です。
散歩から帰った後の爪研ぎの動作にいまひとつ力強さがないので、
まだ絶好調というわけではないようですけど……w。
Commented by muu at 2010-10-15 23:04 x
お疲れ様でした。今回は行こうと思っていたのに、仕事で行けませんでした。4月を楽しみにしています。
Commented by penelope33 at 2010-10-16 11:03
この日は「muuさん、どうしてるかなぁ〜」と思っておりましたよ。
4月にはぜひ。お待ちしてます。 ^^


<< 「秋の鎌倉古美術展」出店のお知らせ      「第23回 西荻骨董好きまつり... >>