青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 10月 16日

「秋の鎌倉古美術展」出店のお知らせ

鎌倉の旧 里見弴邸で開かれる
秋の鎌倉古美術展」に参加させていただくことになりました。

葉山の骨董店「きこゆ」の鈴木さんが、春の「西荻骨董好きまつり」や
夏の「ルーサイト ギャラリーの骨董市」にお越しになり、
世話役の「一閑」の細田さんに私のことを御紹介くださったのが、
出店のきっかけとなりました。

会場の『西御門(にしみかど)サローネ』は昭和元年築、
フランク・ロイド・ライトの流れを汲むデザインの洋館と、
ひなびた日本建築の二棟からなる「旧 里見弴邸(石川邸)」を利用した文化施設。
様々な催しが開かれているので、これまでに足を運ばれた方も多いのではないでしょうか?

出店業者さんのおひとりである「おおの(大野)」さんは、
大江戸骨董市で何回かお見かけし、
勝本みつるさんの個展のオープニングでお話をさせていただいたことがありました
(「勝本みつる考」、まだ諦めておりませんよ……)。

細々とですがブログや骨董市への出店を続けていると、
いろいろな御縁がつながっていくものだなぁとつくづく感じます。

「私ごときが『古美術展』なんて出ちゃっていいのかなー」という戸惑いもありましたが、
普段出不精ながらも、最近はお声がかかったらポンと飛び乗ることにしているので、
この御縁を大切にしたいと思っております。

秋の鎌倉散策と古い建築を楽しむおつもりでお運びいただければ幸いです。
皆様のお越しをお待ちしております。

********************************************
f0151592_14485944.jpg

【日時】2010年11月13日(土)・14日(日) 11:00ー17:30

【会場】『西御門サローネ』 〒248-0004 鎌倉市西御門1-19-3

【アクセス】→ 地図

 ・鎌倉駅東口のバス乗り場4番・5番にて京急バス
 (「大塔宮」「太刀洗」「金沢八景」「ハイランド循環」行きのいずれも可)に乗車
  〜「大学前」下車、バス停より徒歩10分

 ・駅から徒歩の場合は、若宮大路(段葛)を経て鶴岡八幡宮へ
  〜境内を横切る流鏑馬道を右折、境内を出て横浜国大付属小中学校のフェンス沿いに進み、
  「来迎寺」の表示に従い道なりに(駅から徒歩20分少々)

 ☆13日(土)は無料駐車場あり。

 ☆14日(日)は10時から16時まで車は進入禁止になります。
  16時以降に車でお越しの方に若干の駐車スペースを御用意しております。
  時間帯に御注意の上お越しくださいますようお願いいたします。

【入場料】無料

【出店業者】
  『おおの』(鎌倉・和骨董/編集者・エッセイストでもある大野陽子さん)
  『きこゆ』(葉山・和骨董)
  『西澤』(東京・和骨董/奈良の『河瀬』で修業された若手業者さん)
  『和順』(海老名・和骨董/この方も文筆業をされているそうです)
  『一閑』(鎌倉・仏教美術)
  『ギャラリーブリキ星』(西荻/いつもお世話になっております)
  『ロータス・ブルー(青蓮亭)』(ひばりヶ丘・いろいろ《笑》)

【お問い合わせ先】『一閑』細田さん
 鎌倉市二階堂43-205/ E-MAIL: k.hosoda@vesta.ocn.ne.jp /TEL:0467-60-4752

*******************************************

f0151592_1521783.jpg

里見邸で酔いつぶれる小津安二郎(鎌倉文学記念館 蔵)。

(註:この写真に写っている里見邸は、晩年に住んでいた別の家だという御指摘を受けました)

敬愛する小津安二郎監督との交遊を知りつつ、
恥ずかしながら里見弴の小説はまだ読んだことはありません。
手始めにこの評伝でもひもといてみます。


*******************************************

この催しのレポートはこちらです。

by penelope33 | 2010-10-16 15:07 | お知らせ | Comments(0)


<< 3週間      「第23回 西荻骨董好きまつり... >>