青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 11月 09日

クールな精工舎のゼンマイ式掛時計

おそらくアールデコ期のものだろう。
カバーもなく、よく今まで無事に生き延びてきたものだと思う。

(1930年代頃/直径:約25cm・針を含めた厚さ:約5.5cm/御売約)

f0151592_215899.jpg




f0151592_2274865.jpg

お譲りくださった業者さんが内部を見せてくれたが、
ピカピカの真鍮の部品が組み込まれた精巧な造りだった。

ゼンマイを巻くカギが行方不明中なので、ウチの時計のカギで巻いて試運転
(全く狂わずに1週間以上動いた)。

f0151592_228203.jpg


f0151592_2284552.jpg


f0151592_2291342.jpg

デザインはクールなのだけど、
ペイントされた真鍮のボディの質感やどこか人懐っこいフォントに温かみを感じる。

f0151592_2293928.jpg


f0151592_2295752.jpg


f0151592_22102480.jpg

普段は “ZOOの分身” の時計が掛けてある場所で。

by penelope33 | 2010-11-09 22:14 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)


<< 大きな枯れ木鉢      戦前の蓋付きガラス角瓶 >>