青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 11月 23日

フランスの黄釉タイル

1870年代に建造されたという、南フランスのとあるワイン倉庫の壁面のタイル。
特に釉調のよいものを2点お譲りいただいた。

フレンチトーストにシナモンをかけたような色合いと質感が絶妙(実に美味そうである……)。
「まな板皿」として使えるサイズ。

(A《上》…縦:約14.5cm・横:約24.5cm/B《下》…縦:約14cm・横:約23.4cm/御売約)

f0151592_22114279.jpg




A。
淡い色合いで幅広く使えそう。
f0151592_22151146.jpg

f0151592_22152843.jpg

f0151592_22154958.jpg

f0151592_22161177.jpg

f0151592_22185718.jpg

f0151592_22192038.jpg



B。
景色がよいので、料理やお菓子を盛るとしたらほんの少量、
絵に筆を加えるように載せたい。
f0151592_22171178.jpg

f0151592_22172725.jpg

f0151592_22175076.jpg

f0151592_22181025.jpg

f0151592_22182657.jpg

このセルロイド製の容器を思い出した。

厚さはともに5mm弱。

by penelope33 | 2010-11-23 22:22 | 古いもの・古びたもの | Comments(4)
Commented at 2010-11-24 06:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2010-11-24 10:36
『ベルリン・天使の詩』のブルーノ・ガンツです。
これが代表作ですが、『アメリカの友人』という映画もいいですよ。
Commented at 2010-11-24 19:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2010-11-24 19:29
どういたしまして。 ^^


<< 『ドーの古道具市 その一』、出...      古材の吊り棚 >>