青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 11月 24日

エレガントなアルミ製コーヒーポット

たまたまですが、フランスものが続きます。

優美なフォルムの大きなコーヒーポット。
「アルミ」というチープな素材で「エレガント」な形というのがいいかなと。

(1940年代頃?/幅:約25.5cm・高さ:約29cm/御売約)

f0151592_20281550.jpg






f0151592_20295365.jpg

ハンドルはベークライト製。

f0151592_20303763.jpg

私はあまりコーヒーを飲まないのだけど、
パーコレーターのような感じで淹れるのだろうか?
星形に小穴が空いているパーツは茶漉しにもなりそう。

f0151592_20312170.jpg


f0151592_20321586.jpg


f0151592_20315749.jpg

使用感はありますが、重曹でよく洗ってあります。
塩素系漂白剤はNGですよ。

f0151592_2029184.jpg

底に刻印があるがよく読めず……。

容量を知りたい方はお問い合わせください。

by penelope33 | 2010-11-24 20:35 | 古いもの・古びたもの | Comments(6)
Commented by まき at 2010-11-24 20:52 x
なんというタイムリーな!
アルミのポットを探しているところです。
こういう背の高いスラリとしたものにも惹かれますが、
今探しているのは、ぽってりと丸いフォルムのもの。
なかなかコレ!というのが見つかりません(^^;)
Commented by penelope33 at 2010-11-25 02:21
ぽってりと丸いフォルムのもの……
イギリスあたりにありそうですね……。
Commented by patronistaT at 2010-11-25 04:01
ムードのあるポットですね。この形はスペインでも見かけます。
ベークのハンドルの下が焦げている事が多いのですが、
これはパーフェクト! 色もいい感じ。
Commented at 2010-11-25 09:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2010-11-25 10:59
patronistaTさん、こんにちは。

なるほど、スペインにもある形なのですね。
よかった、「フランスらしい」とか書かなくて(笑)。
スペイン映画を観直したくなりました。

そうそう、ハンドルが焦げているの、多いですね〜。
よく洗ってもヘンにピカピカにならないでよかったです。 ^^
Commented by penelope33 at 2010-11-25 11:07
> 鍵コメント at 2010-11-25 09:40さん

お気遣い、ありがとうございます。
私もあれを思い浮かべていましたよ〜。

ホームページから直接メールされてはいかがでしょう?
「いつも日本での出店の様子を『青蓮亭日記』で
目を皿のようにして見てます」と……(笑)。
たぶん、直接お取り引きができるんじゃないかと思いますよ。
名前
URL
削除用パスワード


<< アタマを並べて      『ドーの古道具市 その一』、出... >>