青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 12月 16日

小振りで味のある黒板

かさばるものが苦手な(=買って帰れない)青蓮亭でありますが、
この木味には思わず手が伸びた。

お盆だったら “トロトロ” と言いたいところだけれど、
黒板が “トロトロ” であっても、世間の耳目を集めることはないだろう……。

(昭和前期頃?/幅:約51cm・高さ:約41cm・奥行き:約5cm/御売約)

f0151592_1854392.jpg




上の画像の右上に見える小さな白いものは紙片です(すぐ取れます)。

f0151592_18551398.jpg

チョークや黒板消しを置くのにも、消したチョークの粉を受けるのにも、
ここはこうなっているのが便利。

ちなみに黒板消しには、
よく100均ショップで売っているメラミン製の白いスポンジがちょうどいいです。

f0151592_190032.jpg

裏はカラカラ、ドライな質感。

f0151592_1913019.jpg

たぶん雨のシミではないかと。
気になる方は一度タワシで洗ってください。

f0151592_193480.jpg

ヒビが入っているけれど、堅くしっかりした板なので強度は全く問題なし。

f0151592_1941221.jpg

世のお母さん方はこんな風に使うのかしらん……?
「猫に小判」……じゃなくて、「猫に黒板」。

by penelope33 | 2010-12-16 19:08 | 古いもの・古びたもの | Comments(4)
Commented at 2010-12-17 11:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2010-12-17 12:34
> 鍵コメント at 2010-12-17 11:36 様

いつも御覧いただき、また、コメントをいただき、
まことにありがとうございます。

いつかまたお会いすることがありましたら、
お声をかけてくださいね。

「猫に黒板」……似合いますか?
でも字が読めませんので一瞥もしませんでしたよ(笑)。
Commented at 2010-12-21 19:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2010-12-21 21:28
> 鍵コメント at 2010-12-21 19:47 様

ありがとうございます。
追ってメールをお送りします。


<< 吹墨の三段重(弁当箱)      シンプルな星形のカットグラス >>