2010年 12月 18日

吹墨の三段重(弁当箱)

磁器製の小さな三段の弁当箱。
緑釉の吹墨が砂糖菓子のよう。

(大正頃/縦:約9.4cm・横:約13cm・高さ:約12.7cm/御売約)

f0151592_1738516.jpg




f0151592_17391793.jpg

三段目の上が少しガタつくので、重ねるときに少しずらすか、
大葉など、葉ものをはさんだりして調節してください。

f0151592_17394095.jpg

来客時にお菓子や酒肴を入れると楽しそう。

f0151592_1742691.jpg

ぷっくりとした蓋。

f0151592_1743770.jpg


f0151592_17441822.jpg

ひっつきや大きな鉄点などあります。

f0151592_17452677.jpg


by penelope33 | 2010-12-18 17:52 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
Commented at 2010-12-18 23:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2010-12-19 18:13
> 鍵コメント at 2010-12-18 23:21 様

遅くなりまして申し訳ありません。
ただいまメールをお送りしました。


<< 今日の昼ごはんと最近の「晩酌セット」      小振りで味のある黒板 >>