青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 01月 02日

あけましておめでとうございます

右の籐のトルソーは古いものではなく恵比寿の雑貨店で買ったもの。
結婚する前の「イズミ荘」時代から持っているから、もう15年以上一緒にいる。

左の額の中身は、中国の少数民族(ヤオ族)の古い刺繍の布。
これは12年位かな?(もうちょっとちゃんと額装しようと思いつつ……)。

そして私物のような在庫のような李朝の白磁瓶にいただきものの千両と、
ありあわせのものをテキトーに並べた、“中古の新居” の玄関脇。

f0151592_18293650.jpg




去年の確か6月、
大家さんから「(永福の)家を2年後に取り壊す予定」とうかがって以来、1年の後半は、
家探し、契約、リフォーム、雨漏り発覚、引っ越し、売り主さんとの交渉の上防水工事……と、
怒濤の日々だった。

2010年の初めの日記を読み返してみて、
「この頃には、1年後に別の家に引っ越しているとは夢にも思わなかったなぁ……」と、しみじみ。

ZOOはまたもや「映画の神様」に待ちぼうけを喰らい、
それでもPR映像の仕事で何かと忙しい1年だった。

今年は「年男」。
仕事がないときは呑んで寝るのだけが楽しみのようなので、
仕事がたくさん舞い込んできますように……。

私は6月以降大江戸骨董市にはすっかりごぶさたしてしまったが、
7月の『ルーサイト ギャラリーの骨董市』、
引っ越しをはさんで『西荻骨董好きまつり』、
11月には『秋の鎌倉古美術展』『ドーの古道具市 その一』と、
かろうじてこじんまりとした催事に参加。

今月からまた小さな骨董市に参加する予定。

くたびれ気味のとき、特に引っ越しの前後は、
「ああ、自分の持ってる在庫なんて大した量じゃないから、いつでもやめられるなぁ……」
と思うこともたびたび。

でもその一方、実店舗を持たずに(=持てないまま)細々と続けてきたことで、
またこのブログを始めたことでできたさまざまな「縁」が、
少しづつ広がってきていることも実感している。

このブログを御覧くださっている皆様に、改めて御礼申し上げます。
ときどきヘタリ気味になりますが、
お品物の紹介やら日々の雑感やら、今年もなるべく更新したいと思っております。

あと、今年は “ある小説” を脚本にするか、
もしくはロング・シノプシスまで書くことを実現させたいと思っております。
「有言実行」できないとカッコ悪いけれど、
自分にプレッシャーを与えるために、あえてここに書きます(あ〜、いいんだろうか……?)。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

by penelope33 | 2011-01-02 18:43 | つれづれ | Comments(8)
Commented by sa55z at 2011-01-02 20:50
明けましておめでとうございます。
今年も面白い小物をいっぱいご紹介下さい。
昨年一年はずいぶん動きのあったような年だったのですね。
こちらもそんな年を迎えたいと思います。
Commented by まき at 2011-01-02 22:08 x
あけましておめでとうございます。
青蓮亭さんを知ってから、世界がぐん!と広がりました。
以前は興味を持たなかったことも細かく調べるようになったり。
今年も素敵なお品の紹介を楽しみにしています。
ヤマコちゃんの近況も、もちろんよろしくお願いします!
Commented by penelope33 at 2011-01-02 23:57
> sa55zさん

あけましておめでとうございます。
sa55zさんのお宅は、
お忙しいのにきちんとお節料理をお作りになられたのですね。
私はお雑煮だけで、後はテキトーな肴ばかり……。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by penelope33 at 2011-01-03 00:04
> まきさん

あけましておめでとうございます。

私自身、いろいろ勉強しながら “付け焼き刃” で
このブログを書いているのが実情ですけれど、
自分の「これ、いいな〜!」と感じる気持ちを
いつも持ち続けたいと思っております。

今年もヤマコともども、どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by 夢屋 at 2011-01-03 00:06 x
明けましておめでとうございます。
古いものへの愛着ってなんであるんだろうな・・・と考えていると
その物に宿る「人のぬくもり」なんじゃないかな・・・なんて思うんです。
大切に扱われてきた「物」
それらがまた違う人達とめぐり合い、受け継がれていくですね。

わたくしは「ZOO」さんの才能や考え方のファンです。
彼の才能は一級品だと信じていますから、これからドシドシ仕事が入り
忙しくなりますよ!!きっと。
Commented by penelope33 at 2011-01-03 01:19
> 夢屋さん

あけましておめでとうございます。

「物」の目から見たこの世の移り変わり……
黙して語らぬ「物」たちに尋ねてみたい気がしますね。

ZOOより
「お褒めの言葉をありがとう。今年は頑張るよ!」とのことです。
Commented by タップ at 2011-01-03 01:35 x
ある小説ってなんだろう?期待してます!
あけましておめでとうございます!
Commented by penelope33 at 2011-01-03 02:02
> タップさん

あけましておめでとうございます。

えーと、ハズカシイからそれはまた別の場所で……。

ブログ以外に何か書くには、
まず時間をうまくやりくりしないといけないんですが……。 ^^;


<< 高峰秀子『女が階段を上る時』      『アラジンブルーフレーム』と『... >>