青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 01月 09日

土もののおろし皿 三種

今シーズンは既にスギ花粉がかなり舞っている様子。
今朝はモーレツに頭が痛くて大事な仕入れを断念。
ウチで物(ブツ)撮りと在庫整理に勤しむことにした。

こちらの皿と同様のものを含むおろし皿3種。
片口になっている大きめのものが丹波焼、あとの2枚は布志名焼だろうか?(唐津焼との御意見も)
いずれも時代は大正頃だと思う。

f0151592_16288100.jpg




f0151592_16283438.jpg

【A】丹波焼(注ぎ口を含まない直径:約16cm・高さ:約4.2cm/御売約)

f0151592_1629295.jpg

生姜をおろして汁をツツツとかけるのもいいし、汁気のある煮物などを盛ってもいい。
何かと重宝に使えそう。

f0151592_16293386.jpg

f0151592_1630387.jpg

f0151592_16305687.jpg


f0151592_16312090.jpg

左=【B】布志名焼 or 唐津焼(直径:約15cm・高さ:約3cm/御売約)
右=【C】布志名焼 or 唐津焼(直径:約15cm・高さ:約3cm/御売約)

f0151592_16314735.jpg

f0151592_17121936.jpg


f0151592_16324888.jpg

ひまわりの種のような中心部がおもしろいデザイン。
艶やかな釉調も魅力。
f0151592_16331624.jpg


f0151592_16334994.jpg

ひたすら地味ながら器としての使い勝手は抜群だと思う。
深めの小皿としてどんどん使いたい(白菜の漬物が似合いそう……)。
f0151592_16341797.jpg


f0151592_16344631.jpg


by penelope33 | 2011-01-09 17:09 | 古いもの・古びたもの | Comments(3)
Commented at 2011-01-10 03:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-01-17 01:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2011-01-17 02:12
> 鍵コメント at 2011-01-17 01:01 様

こちらこそありがとうございました。
お品物、お気に召していただき、うれしいです。

私も「お茶でも飲みながら、ゆっくりお話しすればよかったな」
という気がいたしましたが、
せっかくの骨董市、
早くいろいろと御覧になりたいだろうなと思いまして……。

ウッカリして、粗品のポストカードをお渡しするのを
忘れてしまいましたので、またの機会に……。
名前
URL
削除用パスワード


<< 青蓮亭好みの裂織(サキオリ) その4      ディゴワン・サルグミンヌ窯の小... >>