青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 01月 25日

『第一回 二子ノミの市』出店レポート

1月22日(土)A.M.11:00〜、二子玉川の『Café Lisettte(カフェ リゼッタ)』前 で
第一回 二子ノミの市』が開かれました。

真冬ながら風もなく、暖かな陽射しの気持ちのよい1日でした。

きれいなブルーのジャケットを着て寒そうにしているのは、『GARAGE』の田中さん。
その奥の帽子をかぶった方が『とくさん』こと徳永さん(写っちゃいましたね……)。

写真を撮ってお昼のおにぎりを食べたのが “閉店” 間近の3時頃。

f0151592_22414870.jpg

最近『大江戸骨董市』デビューしたkanzenhakkouさんが、
開店して間もない時間の様子をレポートしてくださいました
(“ガード下の靴磨き” みたいな「青蓮亭」も写っています……)。




f0151592_22432068.jpg

わたくし、『青蓮亭』こと『ロータス・ブルー』(=渋谷)のブース。

たぶん古道具を見慣れていない方も多いだろうなと思い、
ガラクタ(古い銅の水筒)と生花のマッチングを見てもらおうと、
水仙を一束持っていってみました(自宅近くの花屋で200円也。お正月用の残りだとか)。

f0151592_22443138.jpg

前夜の “シミュレーション図” の中からお声のかかった品を家に残し、
代替品を補充、表に出していない “お取り置き” の品物もあったので、結構な分量の荷物に。

結局全部の品を並べ終えたのは12時過ぎでした
(長々とお見苦しくて失礼いたしました……)。

画像の中で気になる品物がありましたら、
遠方の方もコメントやメールでお問い合わせくださいね
(私以外の業者さんのお品でも、取り次ぎますので、どうぞ御遠慮なく)。

印判小皿を買ってくださったお客様が、ブログに画像をUPしてくださいました。

f0151592_22451780.jpg

上の画像手前は、誰もがその小さなオブジェたちに吸い込まれていく
『世界』=岩佐さんの “ワンダーランド”。

f0151592_22541029.jpg

御自宅のお引っ越しの前日だというのに出店するガッツに敬服……。

f0151592_22545127.jpg

シンプルで潔いセレクトに男気さえ感じる『GARAGE』さん。

f0151592_22574275.jpg

業界の生き字引き、『JUNKマスター=とくさん』こと徳永さんの品々。

f0151592_2322829.jpg

手前は徳永さんの品々、奥は『usé』=佐々木さんの品々。

佐々木さんが持ってきた和物の格子柄の布、私も好きなんですよねー。
今回一緒に出店された業者さんは、
自分と共通の嗜好を持っている方が多くて(白い器とか薄手の吹きガラスとか……)、
品物がカブらないようにするのに苦労しました。

f0151592_2310673.jpg

奥が『usé』さん、人形から手前が『ticoRet』=牛抱さんのブース。

f0151592_23121261.jpg

『ticoRet』さんと『GARAGE』さんは『二子朝市』にも参加されています。

この日のお客様は、もちろん『二子朝市』のように長蛇の列になることもなく、
かといって閑散としているわけでもなく、ちょうどいい按配。
ゆうるりとした雰囲気でよかったと思います。

そう感じたもうひとつの理由は、ここのお客様の「初々しさ」。
「骨董市」なんて行ったことがなさそうな通りすがりの方が、
楽しそうにひとつひとつの品物を丁寧に見てくださるのが嬉しかったです。

お勘定のとき、“嬉し恥ずかし” という感じの方もいらして、
なんだかこちらまで照れてしまいました。
骨董市にありがちな強面のおじさん業者がいなかったので、
「お店屋さんごっこ」のように見えたのかしらん……?

『ticoRet』さんから「3時位までにしましょう」と言われたのですが、
無理を言って3時半までにしてもらい、
さらに後片付けもビリに……(皆様、御迷惑をおかけしました)。

御来場、お買い上げくださった皆様、まことにありがとうございました。
この古道具市、そして『二子朝市』のディレクターでもある滝本玲子さん、
参加業者の皆さん、お疲れ様でした。

この日の協議の結果、今後の開催は奇数月の第2土曜ということに決定
(次回は3月12日《土》の予定です)。

飲食関係の出店のない、この小さくジミ〜な古道具市、
私個人の勘ですけどね、これから少しづつ定着していきそうな予感がしております。

『二子ノミの市』、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

*******************************************


『第三回 二子ノミの市』の様子はこちら
(『第二回 二子ノミの市』は中止になりました)。

by penelope33 | 2011-01-25 23:36 | 二子ノミの市 | Comments(9)
Commented by 澤田ちせい at 2011-01-26 01:04 x
こんばんは。先日はお邪魔しました。肉薄な蕎麦猪口は、すっきりして
きれいです。デューラーチャームは携帯電話につけていますが、
仕事関係先某社の金運トイレストラップと同居しています。
デューラーチャーム、まだありましたら、追加で2,3個分けて
頂きたいのですが、いかがでしょうか?ものすごく私の心に
ヒットしています。
Commented by penelope33 at 2011-01-26 01:19
澤田さん、こんばんは。

「ニコタマ」という私にとって不慣れな地で、
澤田さんとF姐御(=俳句秘密結社「俳句魂」の先輩)を
お見かけしたときには、うれしかったです〜。
蕎麦猪口もお買い上げいただき、ありがとうございました。

もしかして、金運トイレストラップも金色……?
デューラーチャーム、メール便でお送りしますね。
Commented by ひーこ at 2011-01-26 14:20 x
こんにちは。
先日は、お忙しい前夜にありがとうございました。

次回の「二子ノミの市」、手帳に記入しました!
素敵な雰囲気ですね。是非、行きたいな~
とくさんにも会えますものね。
さて、写真に写っている銀のお盆は売れましたか?
これまた気になります。
Commented by penelope33 at 2011-01-26 20:31
ひーこさん、こんばんは。

品物に興味を持ってくださる方がいらっしゃいましたら、
売れる宛もなく骨董市に持っていくより、
その方にまずお見せしたいと思いますので、どうぞ御遠慮なく!

銀のお盆はまだございますよ。
こちらのお品になります。↓
http://seirentei.exblog.jp/11913950/
Commented by かぜ at 2011-01-27 01:38 x
”ことこと”さんで使用した印判のお皿には驚かされました!
こういうことって起きるのですね。
あのお皿の画像をこちらで改めて拝見させていただきました。まじまじと(笑)欲しくなりますね・・・・いや、参った(爆)
いつかこういった出物が出てきましたら、是非教えてくださいませ。。。。よろしくお願いいたします。
Commented by penelope33 at 2011-01-27 10:08
> かぜさん

なかなかあんなかわいい文様のものは出てきませんねぇ……。
そして今既に、おふたかたから大きめの印判皿のオーダーを
いただいておりますが、いつも目を光らせて探しておりますので、
どうぞ御期待ください(笑)。

ちなみに以下は、これまでの印判関係の記事です。
http://www.exblog.jp/search/?blogid=1020151592&t=0&q=印判皿
Commented by ひーこ at 2011-01-31 16:48 x
ご連絡おそくなってすみません。
前に拝見したときも気になっておりました・・・
一度、直に拝見したいと思います。
お取り置きお願いできますでしょうか?

Commented by penelope33 at 2011-01-31 19:13
> ひーこさん

そういえば去年の夏にルーサイトギャラリーにお持ちしたんですよね……(笑)。

お急ぎでなければ、また夏までお取り置きしても結構ですよ。 ^^
Commented by ひーこ at 2011-01-31 19:52 x
まぁ。夏までなんて、申し訳ないです。
なんらかのタイミングで、気になるお品を拝見できたら・・・と考えております。


<< 素朴な食籠      『二子ノミの市』、こんな感じで... >>