2011年 02月 14日

LUXO 社のアームライト

ノルウェー人 Jac Jacobsen が、
イギリスの『ANGLEPOISE(アングルポイズ)社』のデスクランプの
英国外での製造・販売ライセンスを取得し、リ・デザイン、
1937年に発表したのが『LUXO(ラクソまたはルクソー)』アームライト。

ノルウェーのオスロに本社のある『LUXO社』は現在ではアメリカ資本で、
ANGLEPOISEをベースとした美しく機能的なデスクランプは、
本家ANGLEPOISE社よりシェアを伸ばしているのだとか。

ネット上でよく見かけるシェードが少し丸味を帯びたタイプと異なり、これは直線的なフォルム。

(完品1台・スイッチ不良品1台 御売約/あとの1台を修理予定)

f0151592_21382091.jpg




f0151592_2233127.jpg

このタイプ、数年前までは普通に売られていたようだけど、今は廃番らしい。

日本ジェネティクス株式会社のサイトに
「Adjustable Incandescent Extension Lamp(可変式卓上ランプ)」として
掲載されているものが多少近い気がする。
……しかし、これも別物。

f0151592_21385921.jpg

同社サイトによると、

・道具、器具、機械の細部にわたる作業に、
 グレアを抑えた照明を半径45"、360_走査で適格にフォーカスします。 

・ツインバランスのエクステンションアームは、
 トータルリーチ45"、強硬で、上げ、下げ、角度付け、横断、ターン、静止が自在です。
 影の部分をつくらない、すばやく適格なライトニングが可能です。 

・電源は115V, 60Hz, 60W / 75W (最大100W)です。 

・長さ7’のコード(三線式)、水平面設置用のクランプ、および60W電球が別途必要となります。

f0151592_21393465.jpg

コードとクランプは付属しているが、スペックは同内容だと思う。

日本仕様になっていて、通常の電球が使えるのが便利。
某グラフィックデザイナーの事務所で使われていたもので、
おそらく1970〜80年代の製造ではないかと。

f0151592_2140979.jpg

実は3台購入したのだけど、他の2台はスイッチ部分が故障している。

f0151592_21404367.jpg


f0151592_21411039.jpg


f0151592_2141324.jpg


f0151592_2142648.jpg


f0151592_21423347.jpg

真っ白なシェードに比べ、アーム部分がややアイボリーっぽい。

f0151592_2143147.jpg

電球を交換するとき、ソケットを押さえるのがコツ。

f0151592_21432816.jpg

シェードに小傷がある他、使用感があります。

by penelope33 | 2011-02-14 21:52 | クラフト・デザイン | Comments(1)
Commented at 2011-02-24 01:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< ひっつき虫      ミャオ族のストライプの麻布 >>