2011年 04月 11日

「第24回 西荻骨董好きまつり」出店レポート

9日(土)、「第24回 西荻骨董好きまつり」の出店を無事に終えました。

8時前に会場入り。
大急ぎで品物の開梱・ディスプレイ・撮影をしたところで、開場5分前の招集。
やっぱり準備に1時間半かかっちゃうんだなぁ……。
あと20分あったら他の業者さんの品物もひととおり見られたのに……。

f0151592_22103555.jpg




さりげなくかわいいプレスガラスの小鉢、渋い質感のシルバープレートの丸盆、
葵と菊文の小さな蓋茶碗はラスト2客、ディゴワン&サルグミンヌ窯のカフェオレボウル
手頃なサイズの平清水焼の片口2つ(全面白・外側グレー)、「都おどり」のだんご皿(御売約)、
「おろし皿」2種(布志名or唐津・瀬戸/ともに御売約)、
ブルーとグレーのラインがモダンな昭和の飯碗(御売約)等々。

“小特集” として、アルミトレイに小さなビンたちを。

f0151592_22105385.jpg

古いフランス刺繍用の糸戦前の家庭科教科書裂織の帯2種(御売約)、
VITTELの販促用のメニュー用紙端切れ見本帳
1920年代イギリスのアルミ製石鹸箱(御売約)、戦前の国産乳白ガラスボタン等々。

左端は、『白元』の冷蔵庫消臭剤『ノンスメル』(1963年発売)のノベルティだった
アヒルのキャラクターのトランプ(御売約)。
子どもの頃、私も同じものを持ってました。

パッケージのタイポグラフィがすばらしいSONYの録音用磁器テープは、
やはり “通な方” がお買い上げ。

このブログのURLを記載した紙片をいつも入れていた欅製急須盆。
ときどき「これも売り物ですか?」と聞かれていたのですが、このたびついに御売約。

f0151592_22112972.jpg

正面は、「伊勢屋美術」「ギャラリー壽庵」オーナーの猪鼻さんと、
西荻の古道具店「駱駝」店主の山本さん

後ろ姿は「古美術 哲」の高澤さん。
「哲」さんの御実家は、今回の震災で甚大な被害を受けた岩手県の陸前高田市にあります。
幸い御家族は御無事だったものの、
御親戚数人と多くの同級生の安否がいまだ確認出来ていないとのこと。

避難生活をされている方々の切実な要望のひとつが、「新鮮な野菜を食べたい」だそうです。
「哲」さんは今月15日に現地入りし、
野菜たっぷりのカレーライスをメインにした炊き出しを敢行する予定です。

今回の「西荻骨董好きまつり」は、出店料を通常より1,500円低く設定。
出店業者を始め、御来場のお客様からも義援金を募り、「哲」さんにカンパすることになりました。
名付けて「カレーライス募金」。行き先のハッキリしたダイレクトな被災地支援です
(「哲」さんの被災地支援活動報告はこちらのページに)。

f0151592_22124480.jpg

今回のテーマは、「結んで・開いて・重ねて・並べて」。
図らずも、「心を開いて、想いを重ね、品を並べて、縁を結ぶ」催しとなりました。

f0151592_22131656.jpg

おなじみの「自在屋」勝見充男さんのブース。

f0151592_22141220.jpg

『日本モダンガール協會』 の御一行を、
フジテレビの『はなまるマーケット』のクルーが取材する一幕も。

土砂降りの前回に比べればまだましだったものの、
午前中は小雨がぱらつき、客足はいまひとつでした
(開場ラッシュはあれど、業者率高く、あまり2階にまでは及ばず)……。

でも、その分、いつもよりお客様とゆっくりお話しできたのは楽しかったですね。

午後になり、またお客様がさざ波のように(?)いらっしゃいました。

手持ちで2回搬入した荷物は、なんとかひとりで一度に持ち帰れる量に。
私としては売り上げもまずまずで、胸をなでおろしました。

f0151592_22183357.jpg

2日目の10日(日)も顔を出してみました。

お天気に恵まれ、とても賑わっていました。
古道具・雑貨系の業者さんの多い2日目のほうが気軽に楽しめるという方も多いかと思います。

f0151592_2223881.jpg

御来場、お買い上げいただいた皆様、
また「カレーライス募金」に御協力いただいた皆様、まことにありがとうございました。
(せっかくお越しいただいたのに、心躍る品がなかった方、ゴメンナサイ!)。

スタッフの皆様や出店業者の皆様、お疲れ様でした。

次回も自分なりに「全方位の品揃え」で臨みたいと思います。

ブログを御覧になられている方、臆せずにぜひお声をかけてください。
「ヤマコ」がお好きな方は、そうおっしゃっていただけると、
ちょっといいことがあるかも……。 ^^

*********************************************


第23回の出店レポートはこちら
第22回の出店レポートはこちら
第21回の出店レポートはこちら
第20回の出店レポートはこちらに。

by penelope33 | 2011-04-11 22:26 | 西荻骨董好きまつり | Comments(4)
Commented by ひーこ at 2011-04-15 16:12 x
いつもながら素敵な品揃えとディスプレー。そして井荻会館の雰囲気と相まって、「うっとり」…いや、「ドキドキ」か。

「心を開いて、想いを重ね、品を並べて、縁を結ぶ催し」となられた事も素晴らしいですね。
Commented by muu at 2011-04-16 16:59 x
今回は友達と一緒に行くつもりだったのですが、仕事に行かねばならなくなり・・・。次回楽しみにします。
Commented by penelope33 at 2011-04-17 00:51
muuさん、そうでしたか〜。
またお待ちしています!
Commented by penelope33 at 2011-04-18 04:33
ひーこさん、ありがとうございます。
やっぱり私とひーこさんは「ツボ」が似ているんでしょうか
(「うっとり」「ドキドキ」しない方も多いかと思いますので……w)。

「哲」さんの奥さんが私の学生時代の友人という御縁もありまして……。


<< 中国の古いワイヤーバスケット      出店前 >>