青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 04月 22日

繭皿3種

繭皿の御依頼をいただいていたが、
よいなと思うものがなかなか見つからなかった。

最近、別々の場所からたまたま3枚集まったので、まとめてUP。

【A】直径:約29.5〜31.3cm・高さ:約3.8〜5cm(御売約)

f0151592_16372379.jpg




清浄感のある乾いた木肌がいい。

f0151592_16382294.jpg

f0151592_16384993.jpg

f0151592_16392079.jpg



【B】直径:約30〜30.5cm・高さ:約3.7〜5.2cm(御売約)

f0151592_1640163.jpg

この抽象画のような雰囲気を生かして全く手を入れていない(あ、他の2枚もそうです)。
サッと洗ってより白っぽい感じにするのもいいし、
オイルなどを塗って全体を落ち着いたトーンにするのもいいかも。

f0151592_16404566.jpg

f0151592_16411522.jpg

f0151592_16413842.jpg



【C】直径:約28cm・高さ:約5〜5.4cm(御売約)

f0151592_16421365.jpg

他の2点と比べて少し小振り。
こちらと同様に「鎹(かすがい)」がポイント。
使い込んで黒々とした部分と白っぽい部分のコントラストもおもしろい。

f0151592_16423319.jpg

f0151592_16425263.jpg

f0151592_16432532.jpg

f0151592_164345100.jpg


いずれも柿渋などが塗られていないドライな質感の桐材。

by penelope33 | 2011-04-22 17:02 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
Commented by ボタン屋 at 2011-04-22 19:05 x
ぬあー。オイルなんて入れちゃ駄目ー。

これ、わたしが欲しいです。売れ残ったら売ってください。笑
Commented by penelope33 at 2011-04-22 19:53
了解です。

私もこのカラッカラ状態が気に入って買ったのであります。
でも買われた方はお好きなようにと思いまして(余計なお世話か……^^;)。
名前
URL
削除用パスワード


<< 唐津焼おろし皿      瀬戸焼 改め 丹波焼 おろし皿 >>