青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 16日

『第三回 二子ノミの市』出店レポート

5月14日(土)A.M.11:00〜、二子玉川の『Café Lisettte(カフェ リゼッタ)』前 で
第三回 二子ノミの市』が開かれました。

世田谷のタウン誌(『世田谷ライフmagazine 2011. No.36/二子玉川大特集』)に
第一回のノミの市の様子が掲載されたことや、ホームページができたことで、
この市を知る方も増えたようですね。

『震災復興支援マーケット』のフリーマーケットがお目当ての方も多かったのか、
二子朝市』ほどではありませんが、開場前に行列ができていてびっくり。

スタート時はちょっとしたラッシュ状態でした。

下の画像は当店『ロータス・ブルー』(手前)と『GARAGE』さんのブース。

f0151592_17304179.jpg




スタイリッシュで清浄感のある『GARAGE』さんと並ぶと、なんだか野暮ったく見えるなぁ……。

f0151592_18115757.jpg

手前に見える薄いグレーの瓦のようなもの、何とも言えない存在感がありましたね。

f0151592_1732124.jpg

手前が『usé』=佐々木さんの品々。
その奥は『とくさん』こと徳永さんの品々。

佐々木さんの “ガマグチ” コレクション、
翌日の『大江戸骨董市』では “ガマグチ萌え” の人たちの熱い視線を浴びていましたが、
ここのお客様の目にはどのように映ったのでしょう……?

f0151592_18142386.jpg

徳永さんのブーツ用の木型、海外の品はときどき見かけますが、これは国産ですよ!
カッコよかった〜。

自分のブースに戻ります。

f0151592_17403357.jpg

運動靴の男の子も。
小さな子供たちは大抵、フランスの古いビー玉や戦前のガラスボタンを
興奮気味にジャラジャラさせます(こわれものなので内心ドキドキ)。
虫メガネや検眼用レンズも人気(?)。
今度はミニカーも持ってくよ〜。

お昼頃には、初夏を通り越して夏のような陽射しになり、
私は例によって真っ赤な顔をしていたようです(ハズカシイ……)。

f0151592_17504350.jpg

前夜のシミュレーション(左奥のちゃぶ台は自宅用)。
“ジミなモノ”(?)を4つ残し、代わりに組み立て式の本棚を持っていきました。

f0151592_1747746.jpg

皆さん丁寧に品物を見てくださるのがウレシイ。

f0151592_17524595.jpg

『テレビ東京』の『出没!アド街ック天国』の取材がありました。
7月9日(次回のノミの市の開催日)に ON AIR予定だそうです。

f0151592_17543453.jpg

『世界』こと岩佐純世さんのブース。
女の子らしい品々がたくさん並んでいます。

f0151592_17545584.jpg

小柄な体でいつも山のような品物を持って来て “ひと市入魂” の岩佐さん
(売れた品物をメモ中……)。

f0151592_1826923.jpg

佐々木さんの他、徳永さん、岩佐さんは、翌日は『大江戸骨董市』に出店。
暑い中、連日おつかれさまでした。

画像の中で気になる商品がありましたら、
遠方の方もコメントやメールでお問い合わせくださいね
(私以外の業者さんのお品でも、取り次ぎますので、どうぞ御遠慮なく)。

f0151592_1804149.jpg

一番左側が『震災復興支援マーケット』のブース。
今回は陶芸作家の井山三希子さん他のお品物が出品されたようです。
マーガレットハウエルの服などもありましたよ。

もっと引きの画を撮ればよかったなぁ……。


この日は本当にたくさんの方にお越しいただきました。

御来場、お買い上げくださった皆様、まことにありがとうございました。
この古道具市、そして『二子朝市』のディレクターでもある滝本玲子さん、
参加業者の皆さん、関連各店のスタッフの皆様、おつかれさまでした。

第四回は7月9日(土)に開催の予定ですが、
残念ながら私と徳永さん は(それと、もしかしたら『GARAGE』田中さんも)
『ルーサイト ギャラリーの骨董市』に出店するため、お休みさせていただきます。

*********************************************


『第一回 二子ノミの市』の様子はこちらに。

by penelope33 | 2011-05-16 18:21 | 二子ノミの市 | Comments(8)
Commented by うな茶漬け at 2011-05-17 10:01 x
ロータスさんのブースに、(昔の)資生堂の石鹸缶発見!
白い鹿かなにかが描かれてるんですよね。
掛川に資生堂の創立時からのパッケージ、容器を展示してあるんですが、何回行って観ても飽きません。
素敵なデザインですね。
 ところで 先般我が家にやって来た南おふらんすのお皿に、まずのっかったのはダンナが焼いたお好み焼きでした〜〜。
「おっ いいね、このお皿!」と ダンナも絶賛しておりました。
Commented by ひーこ at 2011-05-17 12:31 x
暑い中、本当にお疲れ様でした。

とても良いお買い物が出来たと家に帰ってから大満足でしたんですが…
あぁ、「あれは、売り物か聞いてみれば良かった」「あれも買えば良かったかな」なんて気持ちもチラホラ。

こうして写真を拝見すると、目に留まらなかった物が結構あるのに驚きました。行くと興奮するのか、フワフワした感じになってしまうのか、よく見ていないんだなぁと反省。

さて、シミュレーション写真の左上、緑の薬缶は、もうお嫁に行ってしまったものでしょうか?
Commented by penelope33 at 2011-05-17 13:53
> うな茶漬けさん

『資生堂企業資料館』、一度行ってみたいですね〜。
このトップページにチラッとこの缶も見えました。
http://www.shiseido.co.jp/corporate-museum/

鹿っぽいシルエットなんですが、尻尾が長いので白馬かなぁ
(顔はヤギにちょっと似ています……)。
左は白鳥のようです。
戦前、山名文夫やその後輩たちがデザインしたものでしょうか……。

お好み焼き、確かに白いお皿よりあの黄色いお皿にのせたほうが、
温かくおいしく見えそうですね。 ^^
Commented by penelope33 at 2011-05-17 14:00
> ひーこさん

いろいろお買い上げいただき、ありがとうございました。
(リゼッタでは何を召し上がったのでしょうか……? ^^)

並んでいるもの、なかなか全部が目に入らないですよね。
ひとが手に取って、初めて
「あ、こんなものがあったんだ〜」と気がついたりしますものね。

緑色の薬缶はこれと同じもの(=「ポカン」ちゃん)でした。
http://seirentei.exblog.jp/10530369/
あいにく午前中に早々に売れてしまいました。
Commented by ひーこ at 2011-05-17 19:19 x
きゃ!「ボカン」ちゃん、可愛い娘でしたねぇ。
やっぱり朝イチで行かなきゃダメですね。
またの素敵な出会いを楽しみに。

あ。リゼッタさんでは、
「田舎風パテ、パン・ド・カンパーニュ付。白ワインチョイス」(デザートもついてお得でした!)を
堪能させていただきました。
店員さんも可愛いし、店内もお洒落でディスプレーのお勉強になりました(^0^)
Commented by penelope33 at 2011-05-18 13:19
私のコンビニおにぎり2個とは雲泥の差……(笑)。
おいしくて優雅なランチでよかったですね。 ^^
Commented at 2011-05-18 16:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2011-05-19 17:07
そうですね〜、いつか……。

でも出店の日は「早く家に帰ってビールを飲むのが一番」、ですかね〜。


<< 古い木杓子      明日は『第三回 二子ノミの市』です。 >>