2011年 06月 07日

「ルーサイト ギャラリーの骨董市 2011」

今年の「ルーサイト ギャラリーの骨董市」は、2週に渡り合計6日間開催されます。

シンプルで洗練されたヨーロッパのアンティーク品を中心に、
国内外の古道具を扱われている『ATLAS』さん、
今春、葉山に西洋の古道具と植物のお店『Marelle trois at GARAGE』をOPENされた
GARAGE』さんが新たに参加。

どんな展示になるか、私自身とても楽しみにしております。

隅田川のほとりの柳橋『lucite gallery(ルーサイト ギャラリー)』は、
昭和を代表する芸者・歌手だった「市丸」さん(1906-1997)の旧邸。
戦後すぐに建てられた日本家屋を改装した、大変趣きのある建物です。

下の画像は、メインの展示室となるアールデコ調の洋間。

f0151592_21583675.jpg

【日時】2011年7月8日(金)・9日(土)・10日(日)/16日(土)・17日(日)・18日(祝)

    12:00ー20:00頃まで


【会場】『lucite gallery(ルーサイト ギャラリー)』1階 東京都台東区柳橋1-28-8→ 地図
     「浅草橋」JR東口・地下鉄都営浅草線A6出口 徒歩5分(TEL.& FAX.03-5833-0936)

  *9日・10日/16日・17日・18日の5日間、ギャラリーの2階は
  「隅田川の川開き」の宴席『笑月庵』営業のため、貸し切りとなっております。


下の画像は「川床(かわどこ)」と呼ばれる特等席。

  *8日のみビア・ガーデン開催!
  (予約不要/生ビール 1ジョッキ ¥1,000《おつまみ付》/〜21:00まで《ラストオーダー20:30》)


f0151592_2210375.jpg

【入場料】無料

【出展業者】

 『lucite gallery
 『逢花(徳永)』 
 『ATLAS
 『GARAGE
 『LE LOTUS BLEU(ロータス・ブルー《青蓮亭》)』
  
5名と少人数ながら、個性豊かな業者たちが思い思いの品々を持ち寄ります。
皆様の御来場をお待ちしております。

****************************************


建物内部の画像はこちらでたくさん御覧になれます。

今年の6日間の様子はこちら、昨年の10日間の様子はこちらでどうぞ。

一昨年の3日間の出店レポートはこちらです。

by penelope33 | 2011-06-07 22:14 | ルーサイト ギャラリーの骨董市 | Comments(0)


<< 明治31年の「縞割本」      印判の器の在庫品 >>