2011年 07月 01日

飴釉の八角皿(統制陶器)

麦の文様と飴釉が、
京都の『イノダコーヒ』オリジナルの土瓶や濾過器を思い出させる、
デッドストックの八角形の洋皿。

3枚のうち1枚(【B】)の高台内に「岐(262?)」という統制番号がうっすらと見える。

統制陶器とは、戦時下(昭和16年~昭和20年)に国家の統制下で製造されたやきもののことで、
このように生産地を示す統制番号がついていることが多い。

詳しくは統制陶器を中心にコレクションされている
richoukenさんのブログの数々をひもといてみてください。

(昭和前期/直径:約14.4cm・高さ:約2.1cm/御売約)

f0151592_20264535.jpg




richoukenさんのブログのひとつ『統制陶器図譜』によると、
「岐」のマークのやきものは、岐阜県多治見市・土岐市などで製造されたものだとのこと。

『イノダコーヒ』の土瓶や濾過器は、
岐阜県土岐市、多治見市、瑞浪市、可児市で製造されている美濃焼なので、
外見だけでなく産地もほぼ同じということになる。

つややかな飴色の釉薬やラフにくしけずられてできた文様は、
なんとなくイギリスのスリップウェア皿も連想させる。


【A】3枚のうち一番明るい色。
f0151592_20273041.jpg

f0151592_20283073.jpg



【B】一番濃い色。
f0151592_2029081.jpg

f0151592_20292352.jpg

この画像では統制番号は見えない。


【C】【A】と【B】の中間の濃さ(御売約)。
f0151592_20295477.jpg

f0151592_20301674.jpg


f0151592_203125.jpg



f0151592_2032896.jpg

【C】にバームクーヘンを載せてみた。
ロールケーキやカステラ、バニラアイスなど、素朴な洋菓子が似合いそう。


f0151592_20323933.jpg
「………」
f0151592_2033126.jpg

「アタシのじゃないのね………」

by penelope33 | 2011-07-01 20:44 | 古いもの・古びたもの | Comments(5)
Commented by sa55z at 2011-07-01 20:58
猫にはマタタビです。
Commented by penelope33 at 2011-07-01 21:07
爪とぎ用の段ボールを新しくするときには、
付属のマタタビ粉をふりかけてやります。
爪をとぎながらときどきコウコツ状態になってますね(笑)。
Commented at 2011-07-01 21:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2011-07-01 21:49
> 鍵コメント at 2011-07-01 21:23 様

はじめまして。
ときどきブログを拝見させていただいております。 ^^

とりあえず、お取り置きいたしますね。
メールアドレスをお教えいただけましたら、
御案内のメールをお送りしますので、よろしくお願いいたします。

Commented at 2011-07-01 22:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< マヌケな色絵印判皿の愉しみ      台所クロニクル('11... >>