2011年 07月 12日

『ルーサイト ギャラリーの骨董市 2011』3日目

一昨日10日は、『ルーサイト ギャラリーの骨董市 2011』の3日目。

会期前半を終えてホッと一息つきました。

相変わらずの猛暑の中、
御来場・お買い上げいただきました皆様、まことにありがとうございました。

中央にあった色鮮やかな帽子用の丸い木箱が売れた後の大テーブル。
左手奥は昭和初期のシックなケビント棚(=医療棚)。

f0151592_21292744.jpg




f0151592_21295381.jpg

今年の「徳さん横丁」。

f0151592_21301629.jpg

このお客様は「このコーナーが一番好き」とおっしゃっていました。

f0151592_21304690.jpg

奥に小さく見えるのは、電卓使いの達者な『ATLAS』の飯村 知香子さん。
頼りにしてます!

画像で気になるお品がありましたら、御遠慮なくお問い合わせくださいね。

後半は7月16日(土)、17日(日)、18日(祝)の3日間。
GARAGE』田中麻衣さんの品々が加わります
(これまでのイベント出店の様子はこちらこちらに)。

皆様の御来場を心よりお待ちしております。


古美術・骨董ブログランキングアンティーク・レトロ雑貨ブログランキング猫ブログランキング

by penelope33 | 2011-07-12 21:45 | ルーサイト ギャラリーの骨董市 | Comments(2)
Commented by foo at 2011-07-15 20:20 x
素敵な骨董市ですね。神戸でもこんな骨董市が開けたらと夢見てまずはフリマからスタート。今、やっとガラクタ程度の蚤の市を定期的にやろうと動きはじめたところです。
またおじゃまさせて頂きますのでよろしくお願いします。
Commented by penelope33 at 2011-07-16 00:50
fooさん、コメントをいただき、ありがとうございます♪

『ルーサイト ギャラリー』の米山明子さんのことは、
『古いものに恋をして。 骨董屋の女主人たち』という本でも
紹介されています(機会がありましたら、御覧になってくださいね)。

夢の実現に一歩踏み出したfooさん、これからも頑張ってくださいね。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。


<< 階段の上で      『ルーサイト ギャラリーの骨董... >>