青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 07月 23日

瀬戸 改め 丹波焼 おろし皿 その2

先日の品と同手ながら、こちらのほうが釉調が勝っているように思う。

深さがあり、皿というより向付と呼びたい品格がある。

(年代不詳/注ぎ口を含まない口径:約13.1cm/高さ;約3.6cm/御売約)

f0151592_22245261.jpg




f0151592_2225177.jpg


f0151592_22254133.jpg


f0151592_2226574.jpg


f0151592_22262582.jpg

高台のソゲは御使用には問題ないかと。

by penelope33 | 2011-07-23 22:32 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
Commented at 2011-07-24 20:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2011-07-26 00:21
> 鍵コメント at 2011-07-24 20:19 様

御連絡をいただき、ありがとうございました。
お品物、お気に召していただき何よりです♪

急に涼しくなって体調を崩している方、多いですね。
どうぞくれぐれもお大事になさってくださいね……。


<< 7月の終わりに      すんなりした形の褐釉猪口 >>