青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 10月 10日

警備中

ヤマコによく似た模様・体つきの猫が近所にいる。たぶん雄猫。

ZOOは『ヤマ蔵』と呼んでいたのだけど、
あの “チョイ悪顔” のヤマ蔵より愛嬌があるので、私が『ヤマ太郎』と命名。

ある日家の近所で50m程離れたところを歩いていた猫をヤマコとばかり思い、
「ヤマちゃーん」と呼んだら知らん顔をされた。

ヤマコなら道で私を見かけたらトットットッと歩いてくるはず。
「ウチよりどこか行きたいところがあるの!?」と、
一瞬 “別宅” のことが頭に浮かんであせったけれど(←猫バカ)、
目をこらしてよーく見ると別の猫だった。

ヤマコを家に残して長瀞に行っていたとき、
お隣りさんが「お宅の猫ちゃん、歩いてたよ」と言っていたのも、
きっとヤマ太郎のことだったのだろう。

一昨日の夜、台所にいる私にZOOが「ちょっと来てみなよ!ヤマ太郎だよ!」と言った。

f0151592_1943413.jpg




昼間ヤマコが外に出ているときは縁台にエサを出しているので、
ひところは体の大きなボス猫みたいなのがよく盗み食いに来ていた。
ヤマコは一応立ち向かうのだけど、大抵家の近くから追い立てられてしまうのだった。

ヤマ太郎は縁台に前脚をかけてウチの中を見ている(固まっている……?)。
まだ若い猫。エサもないのにどうして来たんだろう?
好奇心いっぱいの真ん丸い目をして結構かわいい。

ZOOもおもしろがって、追い払わずに成り行きを見守っている。

ヤマコは、猫が喧嘩をするときのあの独特の声で「ホワ〜オォォウォォ〜」と威嚇。
“神聖ヤマコ帝国” を守るために必死(ウチの中にいるときは強気なのだ)。

こんな声を出しているときは、
「どこで教わったわけでもないのに、やっぱり猫なんだなぁ〜」と妙に感心してしまう。

2階からカメラを持ってきたら、ヤマ太郎はもういなくなっていた。

f0151592_1951216.jpg

でも、まだ心配……。

by penelope33 | 2011-10-10 19:14 | つれづれ | Comments(0)


<< 「第25回 西荻骨董好きまつり...      明日、明後日は『第25回 西荻... >>