2011年 10月 13日

乾いた木味・小振りな煎茶盆

歳月を経て楕円になり、自然に塗剤(ニス)が剥がれた縁高の煎茶盆。
御要望がありましたので、詳細画像をUPいたします。

(直径:約25.2〜25.9cm・高さ:約4.6cm/御売約)

f0151592_1952259.jpg




f0151592_19524667.jpg

輪染みなどもなく、よい木味。

f0151592_1953721.jpg


f0151592_19533066.jpg


f0151592_1953516.jpg

裏面中央には屋号らしき焼印が。

f0151592_1954734.jpg


f0151592_19542961.jpg

側面などにわずかに塗剤が残っています。
逆に言えば、他の部分はよくここまで木地が出ているなぁと……。
(今回私自身はサンドペーパーがけなどをしておりません)。

f0151592_19545397.jpg

蕎麦猪口を置くとこんな感じです。

by penelope33 | 2011-10-13 20:15 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)


<< くらわんか 蛇の目 小皿      「第25回 西荻骨董好きまつり... >>