青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 10月 31日

小振りの円筒形飴瓶

アルミ蓋つきの小振りのガラス瓶。
『一心堂クリームチョコレート』というお菓子が入っていたそうだ。

こういったストンとした円筒形で口がややすぼまったガラス瓶
(いわゆる飴瓶)が好きでときどき買う。
こんな小さなサイズは意外と見つからないものだ。

(底径:約13.3cm・蓋までの高さ:約20.2cm/御売約)

f0151592_18241979.jpg




f0151592_18312942.jpg

これは以前御紹介した大きなサイズのもの(底径:16cm)。
同じ円筒形でも、肩から口にかけてのラインがよりシンプルだった。

中に入れている古いヘンプ糸は同じもの。

f0151592_1833482.jpg


f0151592_1834920.jpg

口には小さな欠けがいくつかあるが、あまり気にならないレベル。

よく見ると、肩に近い部分にうっすらと水垢のようなものがついている。
メラミンスポンジで擦ってみたが落ちなかった(重曹などでもう少しやってみます)。

びっき☆さんだったら、これの取りかた、わかるかなぁ……?

f0151592_18375925.jpg

ユラユラ〜。

f0151592_18383410.jpg


f0151592_1839953.jpg

サビサビの蓋は固すぎず緩すぎず。
ちょっと凹んでいるのは御愛嬌。

f0151592_18394989.jpg


f0151592_18401151.jpg

蓋はもっとシンプルなものをあつらえてもよいかと。

by penelope33 | 2011-10-31 18:43 | 古いもの・古びたもの | Comments(4)
Commented by びっき at 2011-10-31 20:07 x
家にもよく似た形で高さ35cmって瓶があります。
http://bikki.blog103.fc2.com/blog-entry-772.html

汚れですが、お引き取りして落としてみたい気もしますが…
菓子瓶屋敷と化した我が家では、もう定員オーバーなのです(^_^;)
最近は綺麗にするばかりが能ではないと気付きました。これはこれで味ですよ(^^)
ゆらゆらがたまりませんね!
Commented at 2011-11-01 00:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2011-11-01 00:32
> びっきさん

似てる!でもびっきさんのはずいぶんノッポですね。
ホントに “ありそうでない” ですよね。

うっすらとしたこのライン、自分ではそんなに気になりません。
ストンとした形やユラユラの魅力が勝っています。
Commented by penelope33 at 2011-11-01 00:33
> 鍵コメント at 2011-11-01 00:23 様

ありがとうございます!
小振りなので大丈夫です。お持ちしますね。


<< “人間行火” と “猫布団” その2      『第六回 二子ノミの市』のお知らせ >>