2011年 11月 02日

丹波焼のおろし角皿

今までいろいろなおろし皿を御紹介してきたが、今回は土ものの角皿。

幕末〜明治のものと比べると、やや “量産品” っぽいけれど、目が細かく実用性は高いと思う。

サッと水洗いしただけのウブなままの状態。
洗剤とタワシなどでよく洗えば、鉄釉の艶やかさがより増すはず。

(大正頃/縦:約14.5cm・横:約9.2cm・高さ:約1.5cm/在庫アリ)

f0151592_18381168.jpg




f0151592_18383748.jpg


f0151592_18385946.jpg

思わず見入ってしまう裏側。

f0151592_18392725.jpg

古い鉄釉の土ものの器は見た目も温かい。
冷え性の方、これで生姜をガシガシ擦ってみてはいかがでしょうか。

by penelope33 | 2011-11-02 18:44 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)


<< ウィローパターンの経木皿      “人間行火” と “猫布団” その2 >>